TOWNWORK(タウンワーク)の特徴とは?掲載料金や費用を抑える方法をご紹介

この記事では、全国のアルバイト・パート求人を掲載している『タウンワーク』について、概要や利用方法を網羅的にまとめています。
まさに、「タウンワークについて知りたいなら、これ1本でOK」という記事です。

タウンワークは、アルバイト・パート専門の求人サイトとして業界No.1の規模を誇っています。
有名芸能人が出演することも多い「バイトするならタウンワーク」というCMでもおなじみです。
アルバイトの採用を考えている企業にとって、タウンワークは、求人掲載先の第一候補となるでしょう。

なお、タウンワークも含めて、複数媒体の中から求人掲載先を検討したいと考えている場合は、下記の記事を参考にしてください。
アルバイト募集に効果的な11の求人サイトについて、特徴や掲載料金などを解説しています。
【2022年最新版】おすすめアルバイト採用サイト11選!今掲載すべき求人広告をご紹介

タウンワークの特徴とは?

タウンワークは、人材最大手の1つ「株式会社リクルート」によって運営されている、アルバイト・パート特化型の有料求人サイトです。

人気を集めている背景にある、タウンワークの特徴について解説します。

求人メディアとしての認知度No.1

公式サイトで「ブランド認知度No.1」と謳っているように、タウンワークはアルバイト・パート専門の求人サイトとして、トップクラスの知名度を誇っています。

1998年に創刊された歴史ある求人誌で、仕事探しにあたって、「まずはタウンワークを見てみよう」という求職者も少なくないでしょう。
近年は求人系サービスが増えているので、認知度の高さは採用力アップにおいて重要な要素になります。

紙面(フリーペーパー)やネットでアプローチ

フリーペーパー版とWeb版の2通りの掲載方法が用意されており、いずれかの方法を選んで募集をかけることはもちろん、両方を組み合わせた募集も可能です。

フリーペーパーは、スーパーや駅、コンビニなどの一目につく場所に置かれるので、「なんか良いバイト先ないかな」と、フラッと手に取った潜在層にも求人が届きます。

なお、フリーペーパーは一部対応していない地域もあり、その場合はWeb版のみの掲載となります。

地域密着型の求人メディア

タウンワークでは、フリーペーパー版は都道府県ごとに発行され、Web版も都道府県ごとに分けられています。
そのため、採用したいエリアの人材にピンポイントでアプローチすることが可能です。

都道府県によって料金が決められていて、ムダなコストが発生する心配もありません。

専門職採用には不向きだが、あらゆるアルバイト採用に向いている

タウンワークは、職種や年齢などの偏りがなく幅広い求職者に利用されているので、基本的には、あらゆるアルバイト・パート採用に向いています。

ただし、網羅性が強いため、専門職を狙った採用には向いていません。
タウンワークの利用者は、「飲食店にしようかな、それともアパレルにしようかな」のように、方向性が明確に定まっていない層が中心です。

アルバイトの就職先を探している人は、「場所」を基準に応募先を選ぶことが多いので、エリアごとに求人を検索できるタウンワークでは、理想的な求人を見つけやすいと言えます。
専門的なスキルや経験を持っている人材を狙いたい場合は、他媒体の利用や、タウンワークとの併用を検討したほうが良いでしょう。

2つのコースが用意されている

タウンワークには、営業担当者から求人掲載をサポートしてもらえるコースもあり、利用者からは「親身なサポートである」と高評価を得ています。
最近は無料で求人を掲載できるサイトは増えていますが、無料サイトはサポートが薄い点がデメリットです。
専門家による手厚いサポートがあるのは、有料サービスならではのメリットだと言えますね。

なお、無料で求人を掲載できるサイトは、下記の記事で網羅的に紹介しています。
無料で求人広告を出せる12種類のサイト | 効果の出し方について

求人広告を掲載したい方へ

採用係長は6つの求人検索エンジン(Indeed、Googleしごと検索、求人ボックス、スタンバイ、Career jet、キュウサク)にワンクリックで連携できます。ぜひ一度お試しくださいませ。

最短2分で登録完了!無料体験を始める

タウンワークを利用して掲載するメリットとは?

採用したい地域からの応募を増やせる

地域密着型の求人メディアであるタウンワークは、狙ったエリアからの応募を増やすことに長けています。

特に地域に根付いた企業や店舗は、人材へのアプローチ方法が限られ、「なかなか地元の応募が集まらない……」と悩むこともあります。
そんな企業・店舗にとって、地元人材に広く求人を届けられることは、大きなメリットになるでしょう。

ちなみにタウンワークWeb版には、都道府県ごとの「求人事情」が記載されています。
求人掲載や採用活動にあたって、ヒントになる情報が見つかるかもしれませんよ。

年齢や経験などが幅広い求職者にアプローチできる

運営会社のリクルートによると、2021年時点におけるタウンワークのユーザー層は下記のとおりです。

  10代 20代 30代 40代 50代
WEB版 13% 43% 14% 13% 17%
フリーペーパー版 23% 22% 20% 21% 14%

(出典:求人広告の費用やユーザー属性を徹底比較!|株式会社リクルート

全体的に見ると、各年代の求職者が幅広く利用していることが分かります。

また、アルバイト・パートや正社員・契約社員として従事している人が多く、ユーザーのバックグラウンドが多種多様なので、自社に合う人材を見つけやすいと言えます。

営業担当者による徹底的なサポートがある

求人サイトや求人誌を使って募集するうえで、「原稿をうまく作れるだろうか……」「自社と合わない人材ばかりだったらどうしよう……」と不安になる人もいるでしょう。

タウンワークの営業がサポートしてくれるコースを選べば、担当者が採用課題や希望を丁寧にヒアリングしたうえで、ベストなプラン・原稿内容を提案します。
さらに原稿作成も担ってもらえるので、自社にノウハウがなくても心配ありませんし、学んだ内容を自社に蓄積することもできます。

タウンワークの掲載プラン

① 基本プラン

タウンワークの基本プランは、フリーペーパー版とWeb版の両方に同期間掲載するものです。
例えば、フリーペーパー版に1週分掲載する場合、Web版にも1週間掲載されます。

掲載期間は1週/2週/3週/4週から選ぶことが可能で、例えば1週間×4回よりも、最初から4週間コースを申し込んだほうが料金はお得になります。

② Webのみ複数週掲載させるプラン

「フリーペーパー1週+Web版2週」というように、タウンワークWeb版のみ長期掲載できるプランもあります。

Web版の掲載週は2週か4週から選べて、4週のほうが週あたりの料金がお得です。
「インターネットからの採用を強化したい」「若年層に長期間アプローチしたい」などと考えている場合は、あらかじめ4週掲載を申し込むのも良いでしょう。

タウンワークの掲載料について

タウンワークでは、一律で料金が設定されているのではなく、エリアごとに細かく決められています。
フリーペーパーに掲載する場合は、掲載枠のサイズなどによっても料金が変動するため、事前に営業担当者と相談して決定します。
下記は、タウンワークの公式サイトに掲載されている料金表を引用したものです。

<掲載料金表(左側がWeb版+フリーペーパー版、右側がWeb版のみ>

blank(出典:タウンワーク

参考までに、Web版+フリーペーパー版への求人掲載の場合、東京都や神奈川県などの首都圏では19,000円~(1週間)と設定されています。
Web版だけの場合は同エリアの料金設定が18,000円~(2週間)なので、Web版+フリーペーパー版は、Web版単体と比べて、1週間あたり約2倍の料金が発生すると覚えておくと良いでしょう。

なお、採用に成功した場合でもタウンワークへの報奨金は発生しないので、想定以上にコストがかさむ心配はありません。

求人費用を抑える方法ってあるの?

「できるだけ費用をかけずに応募を増やしたい」と考えている方向けに、タウンワークで求人費用を抑える2つの方法について解説します。

つど割プランを利用する(関東・関西・東海のみ)

つど割プランは、タウンワークに加え、『とらばーゆ』や『はたらいく』など、リクルートが運営する求人メディアにおける過去1年間の利用実績に応じて、割引が受けられる制度です。

例えば90万円分購入すれば100万ポイントが付与されます。1ポイント=1円なので、10%の割引となりますね。

つど割プランは関東・関西・東海のみのプランなので、利用にあたっては注意が必要です。

全国共通割を利用する

全国共通割とは、購入金額(ポイント)に応じてお得な割引を受けられるプランです。

例えば、8万円を支払えば10万ポイントが購入できます。
1ポイント=1円として使えるので、これは20%分がお得ということになります。

イメージとしては、回数券を先払いで購入するような仕組みです。

タウンワークの掲載までの流れ

タウンワークに求人を掲載する際は、下記の手順を踏みます。

1.タウンワークに問い合わせる

まずは公式サイトからタウンワークに問い合わせ、要望を伝えます。
この段階で伝えるのは、募集の背景や大まかな要望などです。

2.タウンワークの営業担当者と打ち合わせをする

タウンワークの担当者と話し合いながら、人物像や予算などの細かい内容を詰め、最適なプラン・原稿内容を提案してもらいます。
ここまでは、無料で利用可能です。

3.利用の申し込みをする

求人内容を検討したうえで正式に申し込みをし、原稿作成を始めます。

4.掲載

原稿が完成したら、修正の有無などを確認したうえで掲載します。

掲載に関するよくある疑問

求人掲載にあたって利用者が抱きやすい疑問と、その回答を紹介します。

掲載期間や設置場所は?

掲載期間は、Web版+フリーペーパー版の場合は1週間から、Web版だけの場合は2週間からです。

フリーペーパーは、駅やコンビニ、スーパーなどの人通りが多い場所に設置されます。

求人の掲載位置は決められる?

原稿の掲載位置はランダムで決められるので、指定できません。

Web版の掲載日やフリーペーパーの発行日は?

原稿作成の進捗具合にもよりますが、Web版だと、初回の場合は申込日から2日~4日後の掲載です。

フリーペーパー版は発行日が毎週月曜日、前週の金曜日が求人原稿の締切と決められており、原稿が出来たタイミングに合わせ、最適なスケジュールで掲載されます。

掲載エリアはどのように分けられている?

Web版では都道府県ごとに分けられています。

フリーペーパー版では、「渋谷・新宿・池袋・飯田橋版」「さいたま・川口版」のように、都道府県の中でもさらに細かく分けられています。

求人掲載に関する詳細は、下記のメディアガイドでご確認ください。
商品紹介パンフレット(メディアガイド・特集企画)

最近出てきたIndeedや求人ボックスとの比較

最近人気を集めている求人掲載先として、「Indeed」や「求人ボックス」「スタンバイ」などの無料求人検索エンジンがあります。
これらのサイトは、ネット上のあらゆる求人サイトの情報が収集されており、「アグリゲーションサイト」とも呼ばれます。

タウンワークなどの求人サイトと、Indeedなどのアグリゲーションサイトを使い分けるために、双方の優れている点を見ていきましょう。

タウンワークなどの求人サイトが優れている点

  • フリーペーパーなどインターネット以外のアプローチがある点
  • 掲載求人数が少ない分、競合が限られる点
  • 定期的に特集が組まれており、露出の増加や短期間での採用にも向いている点
  • 求人サイトを作成する必要がなく、求人票作成・画像添付などを運営会社に代行してもらえる点

タウンワークなどの求人サイトでは、競合との差別化を図るために独自のアプローチが用意されていることが多く、利用者にとってもニーズに合わせて活用できます。
掲載求人数はアグリゲーションサイトほど多くはないので、競合が少ない点もメリットです。

ヒアリングから求人掲載までを専門家がサポートしてくれるので、求人サイトを初めて利用する企業や、ノウハウがない企業でも安心して利用できるでしょう。

Indeedや求人ボックス、スタンバイなどのアグリゲーションサイトのほうが優れている点

  • 基本的に掲載が無料で、必要に応じて有料掲載(クリック課金)により露出を増やせる点
  • 掲載求人数が圧倒的に多く、その分利用者も増えやすい点
  • 正社員やアルバイトなど、複数の雇用形態に関する情報が一元的に集まっている点

予算をなるべく抑えたい場合や、お試しで求人を掲載したい場合は、アグリゲーションサイトのほうが良いでしょう。
求人掲載数の多さに比例して利用者も増えやすいため、幅広い求職者に自社の求人を見てもらえます。

あらゆる雇用形態の求人を掲載できるので、「正社員募集はこのサイト」「アルバイト募集はこのサイト」と複数のサイトを使い分ける必要がなくなる点もメリットです。

アルバイト・パートの採用を成功させたいなら『採用係長』!

アルバイト・パートを採用したいのであれば、『採用係長』の利用もおすすめです。

「採用係長」は、最短2分でオリジナルの採用ページを作れる採用管理ツールです。
ボタン1つで、「Indeed」や「求人ボックス」など6つの求人サイトと一括連携できるので、特定の求人サイトを使うよりも、効率的かつ効果的に採用活動を進められる可能性があります。

例えば最も人気の高いベーシックプランは月額29,800円で、最大50件の求人を公開可能。
もちろんアルバイト・パートに限らず、正社員や業務委託など、あらゆる雇用形態の募集に長期的に活用できます。

「うまく使いこなせるか心配……」という方もご安心ください!
当社ネットオンは、Indeedのシルバーパートナーに認定されており、確かなスキルや知識を持ったスタッフが皆さまのご希望に応じてサポートいたします。

相談は無料で、お問い合わせの内容に応じて最適なプランをご提案しますので、まずは気軽にご連絡ください!
『採用係長』に関するお問い合わせはこちらから

まとめ

「タウンワーク」は、アルバイト・パートに特化した有料求人サイトであり、知名度・規模ともにアルバイト専門のサイトとしては業界トップクラスです。
Web版・フリーペーパー版の2通りの掲載方法が用意されており、プランも複数あるため、ニーズや予算に応じて利用できる特徴もあります。
営業担当者から親身なサポートを受けられる点も、タウンワークならではのメリットです。

一方で、タウンワークと比べて、Indeedや求人ボックスなどのアグリゲーションサイトが優れている点もあります。
タウンワークの優れている点・足りない点を踏まえて、自社にとっての有効性を吟味することが重要です。

同じカテゴリ内の人気記事

この記事を書いた人
blank
コンノ

公務員として4年間、人事労務の実務経験あり。 これまで100名以上の事業者をインタビューしており、「企業や個人事業主が本当に悩んでいること」を解決できる記事を執筆します。

監修者
監修者
辻 惠次郎

ネットオン創業期に入社後、現在は取締役CTOとしてマーケティングからプロダクトまでを統括。
通算約200社のデジタルマーケティングコンサルタントを経験。特に難しいとされる、飲食や介護の正社員の応募単価を5万円台から1万円台に下げる実績を作り出した。
Indeedはもちろん、インターネット広告やDSP広告を組み合わせた効率的な集客や、Google Analytics等の解析ツールを利用した効果分析、サイト改善を強みとしている。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら。
電話番号03-4500-1155

【受付時間】平日9:00〜18:00

【 定休日 】土・日・祝日

まずは無料ではじめる