スタンバイとは?Yahoo!との関連性は?|特徴やメリットから利用料金・掲載方法まで徹底解説

スタンバイは、 Indeedや求人ボックスと並んで代表的な求人検索エンジンの1つであり、最近はテレビCMが開始されたことでも注目を集めています。
スタンバイへの求人掲載は、理想的な人材を見つけるうえで、今後最も効果的な手段の1つになるかもしれません。

一方で、最近有名になってきたサービスなので、
「スタンバイという名前だけは聞いたことがある」
「求人掲載サイトらしい」
と知ってはいるけど、詳しいことは知らないという人も多いでしょう。

この記事では、スタンバイの基本的な情報を知りたい人向けに、運営会社から仕組みまで、基礎知識を網羅的にまとめています。
「Indeed」や「求人ボックス」との違いも説明するので、使い分ける際の参考にもなりますよ!

なお、スタンバイでの具体的な求人掲載方法は、下記の記事で解説しています。
スタンバイでは、Indeedや求人ボックスと違って、インターネット上で求人の直接入稿ができないため、ぜひ下記の記事で詳細を確認してください。

スタンバイに無料で求人広告を掲載する方法とは|画像でわかりやすく解説

 

スタンバイとは?運営会社について

スタンバイは、2015年にリリースされた「求人特化型の検索エンジン」です。
詳しくは後述していますが、「アグリゲーションサイト」とも呼ばれ、Indeedや求人ボックスなどの有名サイトもこれに分類されます。

基本的に無料で求人を掲載でき、集客力を高めるための有料オプションも用意されているので、予算に応じた使い分けが可能です。

スタンバイの運営会社は、サービス名にもなっている「株式会社スタンバイ」
ヤフー株式会社やLINE株式会社などの有名企業を子会社とする「Zホールディングス株式会社」と、人材大手「株式会社ビズリーチ」の合弁会社です。
以前は「Yahoo!しごと検索」と連携されていましたが、現在は全てスタンバイに統合されています。

スタンバイの仕組み「かんたん求人作成」とは何か?

先ほど、スタンバイの別名は「アグリゲーションサイト」と述べました。
アグリゲーションサイトとは、一言で説明すると「インターネット上のあらゆる求人情報を一括検索できるサイト」です。

Indeedや求人ボックスも同様の仕組みになっており、他の求人サイトに掲載されている情報が集約されています。

求人掲載の方法は「クローリング」と「データフィード」の2種類

自社で作成した採用ページは、クローリング(情報収集)させることで、スタンバイへの掲載が可能です。

以前は「かんたん求人作成」と呼ばれるサービスを使ってサイト内で直接求人を作成できましたが、すでに同サービスは終了しています。
求人掲載方法は2通り。「クローリング」か、スタンバイの様式に合わせて自社の採用ページを変換する「データフィード」のみです。

簡単に採用サイトを作成できる「採用管理ツール(ATS)」については、下記の記事で具体的に解説しています。

採用管理システムを導入するメリット|採用業務の効率化のために

有名求人サイトと比べても求人数が多い

スタンバイに掲載されている求人数は、アルバイト3,254,085件、正社員6,071,970件で、他のサイトと比べて求人数は遥かに多いと言えます(2022年3月13日現在)。
有名アルバイト求人サイトのタウンワークが743,191件、転職サイト最大手のマイナビ転職が16,509件なので、そのすごさが分かるでしょう。

スタンバイには正社員・アルバイト・派遣社員など、あらゆる雇用形態の求人が集約されているので、複数のサイトを横断する必要もありません。
求人掲載数が多いと、当然ながら求職者が集まりやすくなります。無料で求人を掲載できるスタンバイに求人を掲載しないのは、もったいないと言えますね。

求人サイトとの決定的な違い

マイナビ転職やdodaのような求人サイトでは、求人掲載に料金が発生します。
そのため、掲載自体が無料なアグリゲーションサイトと比べて、費用面の負担は大きいです。

ただしアグリゲーションサイトは、求人作成や掲載、運用をサポートしてくれるサービスではないので、その点では注意が必要です。
自分たちで求人票や求人サイトを用意し、応募者の増加に向けて対策する必要があります。

「採用係長」で求人サイトを無料作成!

採用係長で作成した採用サイトは、各サイトへ求人を自動的に掲載することができます。 Indeedをはじめとする最大6つの検索エンジンと連携しているため、カンタン・手間なく応募者集客が行えます。

求人掲載が無料で始められる「採用係長」。 ぜひ一度お試しくださいませ。

すぐに無料で採用サイトを作成する

スタンバイの有料掲載について

スタンバイは無料で求人を行うことはできますが、一定の料金を払えば「スポンサー枠」として、無料求人よりも優位に募集できるようになります。検索画面の上のほうに掲載されるため、求職者の目に留まりやすくなり、応募者の増加に効果的です。

下記画像の青枠で囲まれている部分が、スポンサー枠であることを表しています。

有料掲載では、「設定した広告予算の上限」をもとに「広告1クリックあたりの費用」が発生します。詳しい仕組みが気になる人は、下記の記事でご確認ください。

スタンバイの料金は?有料掲載・無料掲載の具体的な違いとは?

Indeedや求人ボックスとの比較

最後に、スタンバイと同じアグリゲーションサイトとして人気が高い「Indeed」「求人ボックス」と使い分けるために、利便性や機能性を比較します。
まずは、スタンバイがIndeed・求人ボックスと違う点を、4つの側面から見ていきます。

検索画面の利便性

スタンバイ:職種検索や職種理解のコンテンツが充実

Indeed:シンプルなデザイン

求人ボックス:検索ランキングや雇用統計データが充実

〈スタンバイの職種選択画面〉

上の画像のとおり、スタンバイの検索画面では、選べる職種が豊富です。
画像はあくまで一例であり、他にも「伝統・一次産業」「国家資格」「IT・Web」などのさまざまな項目があります。
「●●になるには」のような、お役立ちコンテンツが充実している点も特徴的です。

とにかく求職者目線で見て使いやすそうだなという印象を受けました。
今後Indeedや求人ボックスと求職者を取り合うにあたって、このメリットは大きそうですね。

求人情報ページ

スタンバイ:シンプルなデザイン

Indeed:シンプルなデザイン

求人ボックス:カラフルなデザイン(求人サイトに近い

<スタンバイの実際の求人情報ページ>

スタンバイの求人情報ページは、上の画像を見て分かるとおり、シンプルで使いやすいデザインになっています。
余計な項目がない分、初めて操作する場合でもすぐに慣れるでしょう。

求人の直接入稿

スタンバイ:できない

Indeed:できる

求人ボックス:できない

スタンバイのみ求人の直接投稿ができないため、自社サイトを準備する必要があります。以前までは「かんたん求人作成」というサービスを用いてサイト内での求人作成が可能でしたが、2021年でサービスが終了しました。

自社サイトからの求人掲載にあたっては、データフィードやクローリングなどの知識もある程度必要です。

スタンバイ特有の機能「Yahoo!しごとカタログ」

スタンバイのみ、既存社員や退職者からの企業に対する口コミを掲載している「Yahoo!しごとカタログ」と連携している点が特徴です。
求職者が事前にリアルな情報を収集できるため、ミスマッチの防止や、応募意欲の向上につながります。

なお、求職者は「企業のデメリットも知りたい」と思っているので、仮に良くない口コミが書かれた場合でも、心配しすぎる必要はありませんよ!

他のアグリゲーションサイトにはない点・共通している点を整理したうえで、スタンバイの利用を検討すると良いでしょう。

Indeed(インディード)とは?メリットや掲載方法、仕組みを徹底解説|無料で求人掲載して大丈夫?

求人ボックスとは?|特徴やメリットから利用料金・掲載方法まで徹底解説

まとめ

求人検索エンジンやアグリゲーションサイトと言えば、少し前までは「Indeed」の一強でした。しかし最近は、転職が盛んになっていることも相まって、「スタンバイ」のような新勢力が台頭してきています。スタンバイは求人数も多いので、優秀な人材を獲得するうえで大きな力を発揮するでしょう。

ちなみに、自社採用ページを作成してスタンバイに求人を掲載する場合は、「採用係長」の利用がおすすめです。採用係長を使えば、穴埋め形式で項目を埋めるだけで、簡単に自社採用ページを作成できます。無料で利用を始められるので、ぜひ試してみてください。