建設業で求人出しても応募が来ない?Indeedが現場作業員の人材募集に向いている理由

現場作業員 事例

Indeedが現場作業員の人材募集に向いている理由

「建設業で求人出しても応募が来ない」とお悩みではありませんか?

工場や工事の現場作業員は、3K(きつい・汚い・危険)のイメージから、若者離れが叫ばれており、人材不足が絶えない職種の1つです。

特に、建設現場の作業員は、東京オリンピックの開催などで建設需要が伸び続けているため、深刻な人手不足に悩む企業も多いのではないでしょうか。

今回は現場作業員の人材募集に、Indeedが優れている理由についてご紹介いたします。

Indeedは検索上位に表示される

IndeedはSEO(検索エンジン最適化)対策がとれたサイトのため、求職者がインターネット検索した際に比較的上位に表示されます。

そのため、求職者に求人票を見てもらえる可能性が、他の求人サイトよりも高い傾向にあります。

実際にGoogleで「現場作業員 求人」と検索すると、下記の検索結果が表示されます。

Indeedは、検索順位1位に表示されています。さらに、東京エリアの場合も2位に表示されており、SEOに強いことがわかります。

Indeedは求人件数が圧倒的に多い

求人媒体 求人件数
Indeed 134,230件
Z媒体 230件
H媒体 196件

※2019年9月現在

Indeedは、他の求人サイトと比べて、圧倒的に求人件数が多い点が、特徴です。

また、求人媒体の2社と比べても掲載件数に大きな差があります。

求人掲載数の多いIndeedは、幅広い選択肢の中から職業を探したい要求を叶え、他の求人サイトにはない求人情報が得られる点から、求職者にとって理想的な求人媒体と言えるでしょう。

「採用係長」で求人サイトを無料作成!

採用係長で作成した採用サイトは、各サイトへ求人を自動的に掲載することができます。 Indeedをはじめとする最大6つの検索エンジンと連携しているため、カンタン・手間なく応募者集客が行えます。

求人掲載が無料で始められる「採用係長」。 ぜひ一度お試しくださいませ。

すぐに無料で採用サイトを作成する

現場作業員の求人を募集する際の3つのテクニック

Indeedは、無料から簡単に求人広告を掲載できますが、求職者に見てもらい、応募につなげるには、テクニックが必要です。

ここでは、Indeedで現場作業員の応募数を増やす3つのテクニックをお伝えします。

  1. 職種名は一般的かつ具体的にする
  2. 仕事内容は詳しく記載する
  3. 1求人1職種の記載を厳守する

職種名は一般的かつ具体的にする

求職者がIndeedで検索した際は、職種名がタイトルとして表示されます。

職種名は求職者が検索する一般的なキーワードで、かつ興味を持てる求人かどうか一目でわかるように、より具体的に記載するのがおすすめです。

実際に具体例を見てみましょう。

■悪い職種名の例

・断熱施工

・職方

・現場発泡

・ウレタン吹付

・ウレタン技能士

一見すると、わかりやすい用語に見えますが、一般的にはなじみがないキーワードで、職種名として検索されにくいです。

また、具体的な記載でないため、どんな仕事なのか想像が難しく、応募を取りこぼしてしまうタイトルです。

■良い職種名の例

・断熱材の施工技士

・自動車部品工場の現場作業員

・住宅用建材の製造作業員

こちらの例では、職種名が一般的に使用されやすいキーワードを使用しており、どんな業界でどんな物を扱うのか一目で具体的に把握できます。

仕事内容・条件は詳しく記載する

現場作業員の募集で求人広告を読んだ際に、あまりに簡素な内容では「仕事の詳細や配属先が分からない」といった不満を招いてしまうケースがあります。

採用後のトラブルを避けるためにも、仕事内容は詳細に書きましょう。

仕事内容の記載例

✕ 様々な工事作業がございます。

◯ 現場発泡硬質ウレタンフォームの吹付け、養生、成型、下準備等。

また、現場作業員は離職率の高い職種なので「しっかり稼ぎたい人向け」「定時で帰れる」「無料の食事・寮付き」など仕事のメリットを押し出して、アピールしましょう。

1求人1職種の記載を厳守する

Indeedは掲載基準で、「1つの求人票に対して、1つの職種を募集すること」を定めており、掲載基準を厳守することが大切です。

この掲載基準を守らず、複数の募集職種を1つの求人票に掲載している企業が掲載されているケースもあります。

しかし、複数の職種名が書かれた求人広告では、最適なターゲットに表示されないリスクがあり、求人が閲覧されているが応募が来ないといった事態を招く可能性があります。

人材不足により、複数の求人募集が多い「現場作業員」の業界では、特に注意すべき点です。

Indeedで現場作業員の求人を募集した事例

■事例1:A社様

事例①

地域 全国
プラン名 Indeed 10
広告費用 30万円
応募者数 14名
採用数 数名(非公開)

■事例2:B社様

事例②

地域 全国
プラン名 Indeed5
広告費用 15万円
応募者数 4名
採用者数 数名(非公開)

実際の料金プランはコチラ

この求人募集で成果を出せた理由

2社の求人募集に応募が集まった理由は、未経験者と経験者の両方の視点で求人票を作成したことです。
未経験者と経験者では、下記の通り、求人票で知りたいポイントに違いがあります。

  • 未経験者の場合、他業界からの転職で、一からやっていけるか
  • 経験者の場合、これまでの自分の経験が活かせるか

今回の募集では、未経験者・経験者の両方とも採用したいという背景がありました。そこで、経験者には必要資格や、経験値による給与額の違いを見せることで、応募のモチベーションを上げる工夫をしました。

一方、未経験者には研修体制や、1日の仕事内容を提示することで、安心感を与える記載に工夫しました。
両ターゲットの不安要素を解消する求人票にしたことが、成果を出せた大きな理由と言えるでしょう。

現場作業員の応募数を増やしたいならIndeedを試してみよう

「費用をかけて求人広告を掲載し続けているのに、現場作業員の人材が集まらない」と悩んでいる採用担当者は、無料から求人広告を掲載できるIndeedをおすすめします。

効果的に応募を獲得するために、求人募集のテクニックを使いながら、掲載しましょう。

また、採用ページをお持ちでない方は、魅力的な求人広告を作成しIndeedをはじめとする複数の求人検索エンジンに掲載できる採用管理システム「採用係長」がおすすめです。

また、応募数を増やすためのサポートも行っていますので、現場作業員の募集にお困りの方は、ぜひ採用係長までご相談ください。