IndeedがなぜSEOに強いのか?3つの理由から徹底解説

Search Engine Optimization

企業の採用担当の方が求人募集する時に、よく利用されている「Indeed」は、世界最大級の求人検索エンジンです。

求人検索エンジンと分類されるのは、Indeedだけではなく、イギリス発のCareerjetに加え、日本国内でも「スタンバイ」や「求人ボックス」などが存在しています。

特にIndeedが注目されている理由は、SEO(検索エンジン最適化)が強い特徴があります。

SEO対策ができていると、検索結果の上位にページが表示されます。

Googleなどで「職種   勤務地」で検索をすると、検索結果の上位でIndeedが表示されるため、多くのユーザーがIndeedに遷移します。

「SEOに強いIndeedを利用しよう」と考える企業の採用担当者の方は多いですが、なぜIndeedがSEOに強いのか?という理由まで理解している方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、採用担当の方が、Indeedをより効果的に活用するために知っておくべき「IndeedがSEOに強い理由」について解説します。

IndeedがSEOに強いと言われる代表的な3つの理由

IndeedがGoogleなどの検索エンジンで上位表示をされるのは、Indeedのサイトや各ページが「上位表示させる価値がある」と検索エンジンから評価されている証拠です。

この上位表示させる価値こそが、SEOの強さを意味します。IndeedがSEOの強さを生み出している理由は下記3点です。

  1. 企業・求職者ともに利用者数が多い
  2. 他の求人検索媒体に比べて、情報量が圧倒的に多い
  3. Indeedは「ユーザーにとって有益なコンテンツの提供」を追求している

1つずつ詳しく見ていきましょう。

企業側・求職者ともにユーザー数が多い

IndeedがSEOに強い理由としてまず挙げられるポイントは、ユーザー数の多さです。世界規模で2億人以上がIndeedを活用しており、今も拡大を続けています。

ユーザー数が「SEOの強さ」に直結するのは、検索エンジンは「多くの人が何度も訪れるサイト=価値の高いサイト」と認識する傾向があるからです。

言い換えると、Indeedが利用ユーザーに「質の高いコンテンツ」を提供しているから、ユーザー数と再訪問回数が増え続けているのです。

ユーザーにとって「質の高いコンテンツ」とは、例えば下記のようなことです。

  • 豊富な情報量
  • 検索結果で表示する情報の的確さ
  • 表示スピードの速さ
  • サービスの使いやすさ
  • サイトの見やすさ

Indeedはコンテンツの質をより高める努力を行い、またコンテンツの質の向上はユーザー数の増加にもつながっています。

他の求人検索エンジンに比べて情報量が圧倒的に多い

求職者が仕事探しのサービスとしてIndeedを選ぶ理由の一つは、圧倒的な情報量の多さです。情報量の多さが、なぜSEOの強さにつながるのかというと、「ユーザー(求職者)は多くの情報を求めている」からです。

現状、1つの会社のみ応募する求職者は少なく、一般的には1人当たり7~8件の求人票に応募しています。求職者は、様々な企業の求人情報を比較検討したいと考えており、なるべく多くの企業情報を求めています。

当然のことながら、単純に情報量が多ければ良いというわけではありません。あまりにも無駄な情報が多いと評価が下がってしまい、SEOの観点では逆効果ですし、求職者も見る意欲がなくなるでしょう。

Indeedは情報の量だけでなく、情報の品質を保っているため、価値の高いサイトだと認識されています。

  • 個々のユーザーが求める必要な情報の探しやすさ
  • 情報の見やすさ
  • 情報の質の高さ
  • 情報の新しさ(更新頻度)

良質な情報が多いことは、ユーザーがIndeedへ何度も訪問することにもつながり、サイト全体のSEO対策にもなっています。

Indeedは「ユーザーファースト」を追求している

Googleは、SEOにおいて最も重要なのは「ユーザーファースト=ユーザーが満足するコンテンツの提供を第一に考慮すること」です。

検索エンジンのアルゴリズムは、日々細かい改良が重ねられていますが、個々のユーザーにとって有益なページが目に留まるように、といった「ユーザーファースト」の考え方は変わりません。

Indeedもこのユーザーファーストの考え方をベースに「ユーザーにとって有益なコンテンツを提供し続けること」を公言しています。

ユーザーファーストを実現するために何が必要なのか、どんな工夫をすれば良いのかを追求することは、自然とSEO対策になっています。

「採用係長」で求人サイトを無料作成!

採用係長で作成した採用サイトは、各サイトへ求人を自動的に掲載することができます。 Indeedをはじめとする最大6つの検索エンジンと連携しているため、カンタン・手間なく応募者集客が行えます。

求人掲載が無料で始められる「採用係長」。 ぜひ一度お試しくださいませ。

すぐに無料で採用サイトを作成する

SEOに強いIndeedでも対策は必要

IndeedがSEOに強い理由について説明しましたが、SEO対策の全ての根底にあるのは「個々のユーザーに有益な情報を提供すること」です。

この考え方は、Indeedで求人票を掲載する企業側の採用担当の方も知っておかなければなりません。

なぜなら、検索エンジンであるIndeedは「ユーザーにより有益となる企業情報」や「ユーザーが求める内容と関連性の高い求人票」を検索結果の上位に表示します。

Googleでの検索からIndeedに遷移してきた求職者は、複数の企業情報を閲覧します。

いくらIndeedがSEOに強くても、その理由を理解せずに「ユーザー(求職者)を第一に考えること」を軽視していると、競合他社と比較した時に、遅れを取ってしまいます。

「自社のターゲットとなる求職者は何を知りたいのか」「自社の求人票はユーザーにとって有益な内容になっているか」といった視点を持っておくことで、ユーザー目線に立った求人票の工夫ができるでしょう。

  • タイトルはできるだけ簡潔にしつつ、仕事内容がイメージできるように記載する
  • 職種名は専門用語を避け、求職者が検索する一般的なキーワードを使用する
  • なるべく疑問点が生じないように、仕事内容は具体的かつ詳細に書く
  • 職場の雰囲気をイメージしてもらうために、現場風景や働いている社員の写真を載せる
  • 応募してほしい人物像を定め、求職者に伝わるように言語化する
  • ユーザーが応募前に知りたいと思うことを想定し、記載情報に漏れがないか確認する

※Indeedに掲載する求人票の作成ノウハウについては、他の記事でも紹介しています。併せてご覧ください。
⇒Indeed有料広告の効果を実感できていますか?ターゲット設計を軸にした成功事例を紹介
⇒Indeedで応募数が増えないのはキーワードが原因?求職者目線で考えよう

まとめ

IndeedがSEOに強いと言われる理由とそれを踏まえて企業側ができる対策についてお伝えしました。

今回のポイントを下記にまとめます。

  • 求人検索エンジンの中でもIndeedの注目度が高いのは「IndeedがSEOに強い」からである。
  • Indeedは「ユーザーにとって有益なコンテンツの提供」を追求している。
  • ユーザーファーストは、全てのSEO対策の軸となる重要な考え方である。
  • Indeed内の検索結果では、ユーザーにとって「有益な求人内容」が上位表示される傾向にある。
  • IndeedのSEOに対する考え方に沿って、求人票はユーザー目線に立って作成する。

膨大な情報量と質の高さやユーザー数の多さから、SEOで強さを誇るIndeedは、企業や求職者にとっても、利用しやすく価値の高いサイトです。

IndeedはSEOに強いからという理由で利用するのではなく、仕組みや考え方を理解して、採用活動に活かしましょう。

採用マーケティングツール「採用係長」では、Indeedと連携した採用ページが無料作成でき、応募数を増やす仕組みやノウハウを提供しています。

また「何から始めればいいかわからない」「もっと有効活用したい」といったお悩みをお持ちの方は「採用係長」までご相談ください。

[indeed_free]