自社に合ったIndeed(インディード)代理店の比較方法とおすすめ代理店5選!

代理店と握手

3行でわかる!この記事の要約
  1. この記事を読むと、主要なIndeed代理店5社と、代理店から最適な会社を選ぶコツについて理解することができます。
  2. Indeed代理店のサービス内容は、多岐に渡りその運用方法についても会社ごとで強みに違いがあります。代理店を選ぶ際は「公式認定パートナー」を選ぶようにしましょう。
  3. Indeed代理店の比較ポイントは3つ。どこまでの採用活動の目標をIndeedで果たしたいのかに照らし合わせて、メリットや実績のある代理店を選ぶようにしましょう。

Indeedは、無料でも求人広告を掲載でき、求職者のニーズに応じた求人広告が表示される求人サイトとして、採用活動を行う企業から注目を集めています。

無料もしくは低予算で求人広告を掲載することで、応募者を増やせる求人媒体として急速に普及がすすむ一方で、広告閲覧数や応募者数を増やすための機能をうまく活用できていない会社も多いのが実情です。

Indeed広告を低予算で最大限に活用するためには、ノウハウを持ったIndeed代理店を活用するのも一案でしょう。

今回は、代理店から最適な会社を選ぶコツと、主要なIndeed代理店5社について、ご紹介します。

※Indeedについてはこちらで詳しく解説しています。
Indeed(インディード)とは?仕組み・メリット・デメリット・効果を出す方法・成功事例まで徹底解説!

Indeed(インディード)の直販店・代理店の違いとは?

まずは、そもそも「代理店」とは何なのか。

代理店と対をなす「直売店」との違いを整理しつつ、両者のメリット・デメリットを解説します。

直販店とは何か

Indeedの求人運用における直売店とは、「Indeed」そのものを指します。
具体的には、Indeedの有料プランを利用して、求人を自社運用することです。

直販店を利用するメリット

直売店の利用には、下記のメリットがあります。

・広告運用手数料(アウトソース費用)を抑えられる
・自社に採用ノウハウがある場合、スムーズに採用活動を進められる

代理店利用の場合は、Indeed上での広告運用費に加え、手数料がかかります。
しかし、直売店の場合、Indeedで用意されたプラン以外の料金はかからないため、出費自体は抑えることが可能です。

また、基本的には自社で求人運用をすることになるため、外部とのやり取りは最小限です。
そのため、自社に採用ノウハウがある場合、効率的に採用活動を進められます。

直販店を利用するデメリット

直売店には、下記のようなデメリットもあります。

・採用ノウハウがないと応募が集まらない可能性がある
・採用担当者の負担が重くなる

直売店利用の場合、Indeedによるサポートはあるものの、基本的には自分たちで求人を運用します。
採用ノウハウがない企業の場合、魅力的な求人原稿の作り方や見せ方が分からず、結果的に募集が集まらない事態になるかもしれません。

また、求人効果を高めるには、求人の定期的な更新や改善が必要であるため、採用担当者の負担が重くなりやすい点もデメリットです。

代理店とは何か

代理店とは、Indeedの求人運用を代行してくれる専門業者です。
求人作成・運用やデータ分析、内容の改善など、募集にかかる幅広い業務を担ってくれます。

代理店を利用するメリット

代理店を利用するメリットはこちらです。

・Indeed対策のノウハウがあるため、応募者が増える可能性が高くなる
・採用活動の負担を軽くできる

代理店にはIndeedの求人運用にかかるプロがそろっているので、応募者を引き付けるためのノウハウを生かして求人を作成・運用してくれます。

そのため、自社での運用が求められる直売店利用と比べて、応募者が増える可能性が高まります。
ターゲットとする人材を事前に擦り合わせておけば、自社にとって理想的な人材の採用も可能です。

また、求人運用にかかる業務を一通り委託できるため、自社の負担を軽くできる点もメリットです。
空いた時間を使って、書類選考や面接などの重要な業務に集中できます。

代理店を利用するデメリット

Indeedでの採用活動を効果的に進めるうえで頼りになる代理店ですが、デメリットもあります。

・採用コストがかさむ
・自社に採用ノウハウが蓄積されない可能性がある

代理店を利用する場合、求人広告費の数%を手数料として支払わなければなりません。
手数料の金額は業者ごとに異なりますが、相場は20〜30%です。
とはいえ、理想的な人材を採用できる可能性は高まるため、採用活動全体で見ると代理店利用のコストは決して大きくないと言えます。

また、代理店の取り組みを把握できる体制を取らないと、自社に採用ノウハウが蓄積されません。
定期的な打ち合わせやレポート報告などにより、ノウハウを学べる体制を整えましょう。

Indeed(インディード)代理店の比較前に知っておきたい2つのこと

Indeed(インディード)認定の代理店と認定されてない代理店がある

そもそもIndeed代理店には、独自にサービスを提供する会社と、Indeedから認定を受けて代理サービスを行う会社の2種類あります。

このIndeedから公式に認定を受けた代理店は、「認定パートナー」と呼ばれ、一定の条件を下に「パートナー」「シルバー+」「シルバー」「ゴールド」の4種類にランク付けされます。

認定パートナーの代理店は、Indeedから勉強会や販促、サービスの最新情報など、一般の代理店よりも有利なサポートをIndeedから受けることができるため、運用に必要なノウハウをより効率的に提供してくれることが期待できます。

ランクを決める明確な基準は明らかになっておりませんが、ランクが上がるにつれて、Indeed広告の実績や経験が豊富な代理店が選ばれています。

前提として、代理店を選ぶ際は「認定パートナー」ランクの代理店を選ぶようにしましょう。

※関連記事はこちら
Indeed認定パートナーとは?相談するメリットは?パートナーの一覧とあわせて紹介

Indeed(インディード)の代理店の種類によって得意分野がある

Indeed代理店はその業態ごとに得意とするサービスに違いがあります。

大きく分けると、Indeed代理店には、「求人広告代理店系」「ネット広告代理店系」「採用Web集客専門系」「経営コンサル系」の4種類があります。

大まかな各代理店の特徴を捉えた上で、代理店を比較すると、より効率的に適当な代理店を選べるでしょう。

「求人広告代理店系」は求人ノウハウに自信あり

求人広告代理店系は、一般的に求職者から使用されてきたタウンワークやリクナビ、バイトルといった求人サイトを販売する求人広告代理店のことです。

求人広告代理店系ならではの長年蓄積した求人広告のノウハウがあるため、募集原稿のPR方法や求職者の二ーズ把握に強みを持ちます。

ただし、求人広告代理店系は、Indeedのような運用型の求人広告媒体への参入は最近のことなので、実績や運用経験がない会社が多いのが実情でしょう。

「ネット広告代理店系」は運用型広告に強い

ネット広告代理店系は、ウェブマーケティング会社や、Google広告、Yahoo!プロモーション広告といったネット広告を扱っている会社のことです。

ネット広告代理店系は、運用型の求人広告と仕組みが似ているリスティング広告などネット広告のノウハウが豊富なため、Indeed広告のクリック率や応募者数を増加させる運用に強みがあります。

一方で、採用業界についてのノウハウは弱いので、他の採用媒体との連携など採用全体のコンサルティングは苦手とする会社が多いでしょう。

「採用Web集客専門系」は採用を総合的にサポート

採用Web集客専門系は、採用管理システムや採用サイト制作などのサービスとともにIndeed運用代行も提供する、Web集客に特化した採用専門コンサルティング会社です。

また、全体的な採用活動をサポートするサービスを提供していることから、採用についてのノウハウもあり、広告運用の実績もあるので、求人広告代理店系とネット広告代理店系のいいとこ取りをした会社と言えます。

ただし、採用Web集客系の会社は、同じ採用Web集客系の会社であってもサービス内容が多岐に渡っているため、Indeedなどの運用型求人広告に実績がある会社を見極めることが必要でしょう。

「経営コンサル系」は経営全般を見据えた上での採用に強い

経営コンサル系は、経営コンサルティング会社がサービスの一環としてIndeed運用を行うケースが多いです。

経営の視点から採用戦略を立てることに長けており、採用だけでなく会社全体を把握した上での採用サポートが期待できます。

ただし、一般的には経営コンサル系会社の内部で運用型広告のノウハウを持っているわけではなく、外部に委託することが多いので、料金も比較的高めな点に留意が必要です。

もっと詳しいIndeed代理店のメリット・デメリットを知りたい人はコチラ

※関連記事はこちら
Indeed広告の代理店の選び方と代理店の種類

Indeedに求人広告を掲載したい方へ

採用係長は、作成した採用サイトをIndeedをはじめとする最大6つの検索エンジンにワンクリックで連携できます。
求人掲載が無料で始められる「採用係長」。ぜひ一度お試しくださいませ。

最短2分で登録完了!無料体験を始める

Indeed(インディード)代理店の選び方

各Indeed代理店について簡単な特徴をお伝えしましたが、どちらの代理店にもメリットとデメリットがあり、どの代理店を選べばいいのか迷いますよね。

ここでは、代理店を選ぶコツを3つお伝えします。

①Indeed代理店に依頼したい点を考える
②具体的な運用内容を比較する
③運用実績を確認する

Indeed(インディード)代理店に依頼したい点を考える

全体の採用活動をとおして目指すべき目標を達成するために、自社でできる部分はどこか精査して、Indeed運用+αの業務をどこに依頼するかで決めるべきです。

例えば、先ほどの代理店別の特徴から自社が負担する業務範囲は、下記のケースが想定されます。

種別 自社で負担する範囲 代理店に重点的にお願いできること 期待できる成果
求人広告代理店系 Indeedの運用知識を自社である程度持っており、Indeed代理店の運用をしっかりとチェックする

・Indeed以外の求人サイトへの掲載・Indeed連携

・求人原稿の作成

ネット広告代理店系 自社で採用サイトを用意し、Indeed広告の原稿を自社で用意する

・Indeed広告のクリック単価と応募単価の調整

・広告の運用が中心

 

 

採用Web集客専門系

採用サイトの制作や採用管理システムの導入などIndeedの運用に関連して、自社で導入したい部分を代理店と相談しながら進めていく

・採用サイトの制作とIndeed連携

・Indeed広告のクリック単価と応募単価の調整

・採用管理システムの提供

経営コンサル系

・Indeedの運用知識を自社である程度持っており、Indeed代理店の運用をチェックする

・採用に関する細かな部分のノウハウも自社で保有している

・経営視点での全体的な採用戦略の提案

※Indeedの運用内容は委託している会社によりできる範囲に差があり

求人広告代理店系と経営コンサル系は、自社にIndeedの運用知識をある程度持った上で活用する方がよいでしょう。Indeedの運用を一任して代理店にお願いしたい場合は、ネット広告代理店系か採用Web集客専門系を選ぶよいかと思います。

具体的な運用内容を比較する

全体的なIndeed代理店について、種類別の特徴を説明しましたが、同じ種類の代理店であっても、サービス内容でできることには違いがあります。

大まかな特徴から代理店候補を決めた後は、具体的なIndeed代理店のサービス内容を確認しましょう。

一言に「Indeed広告の運用」といっても、「グルーピング(キャンペーン)の設定に対応してくれるか」「クリック単価調整を自動で行っていないか」など内容に違いがあるので、特に運用の内容については細かい事前確認が必要です。

このクリック単価の設定を、人間が手動で調整するのではなく、自動設定で運用している場合、高めの単価設定によりクリック数上昇による流入量増加は期待できても、応募クリックまでにつながらず採用コストを浪費してしまう可能性があるので注意が必要です。

運用について細やかな部分まで依頼したい場合は、下記の点など行ってくれるか確認して、手動で運用しているかもチェックしましょう。

■職種名によるキャンペーン設定

勤務地域によるキャンペーン設定

効果的な時期のクリック単価調整(どの曜日が来客が多いか、業種による季節変動の把握など)

予算割り振りの調整 など

運用実績を確認する

また、Indeed代理店が保有する「蓄積されたノウハウ」については、Indeed代理店のサービス内容だけではわからない場合もあります。

いくつか代理店を絞り込んだ段階で、これまで実際に運用を手がけた会社さんのサービスと実績を見せてもらうよう依頼し、確認しましょう。特に、自分の会社と同じ業界のお客さんへの運用実績が聞けると、さらに良いかと思います。

各代理店の実際の実力を知った上で、最終的に信頼のおけるIndeed代理店を選ぶようにしましょう。

Indeed(インディード)代理店の主要5社を紹介

それでは、実際にIndeedから公式認定パートナーでIndeed運用に実績がある代理店を、種類別に5社紹介します。

代理店それぞれの特徴やサービス、料金などを比較して代理店選びの参考にお役立てください。

採用と運用ノウハウの両方を併せ持った「採用Web集客専門」の代理店

ネットオン

blank

☑強みポイント

○オリジナル採用サイトの制作
○広告運用専任のコンサルタント
○細やかな運用対応

認定パートナー シルバー
特徴

ネットオンは、デザイン性に優れた採用サイト制作から、Indeed広告やリスティング広告なども組み合わせて応募者集客をおこなう採用Webマーケティング会社です。

より応募意欲の高い求職者の集客を図れる採用サイトを簡単に制作することができ、豊富な運用実績があるので安心して任せる事ができます。

サービスに応じて、専任のコンサルタントが募集原稿のチェックから成果向上のための分析レポートの作成を行ってくれる点が強みでしょう。

費用

初期費用:0円

手数料:10,000円~

サービスURL

https://neton.co.jp/indeed/

https://saiyo-kakaricho.com

※ネットオンのIndeed運用については、こちらもご覧ください。
採用係長のIndeed運用のこだわり

 

インビジョン

blank

☑強みポイント

○採用ページの分析・改善
○採用ページの制作
○応募単価85%削減

認定パートナー シルバー
特徴

インビジョンは、採用戦略のフローの見直し、デジタルコンテンツのさまざまなサービスを提供し、採用効率化をはかる採用マーケティング会社です。

Indeedに連携される採用ページの制作や、既存の採用ページの改善を行いながらIndeedの運用サービスを提供します。

特に、Indeedから質の高い求職者の流入数を増やす、採用ページの制作に強みを持ちます。

費用

初期費用:要お問合せ

手数料:広告費の20%(40,000円~)

 

求人原稿の見せ方が上手い「求人広告系」代理店

ネオキャリア

ネオキャリア

強みポイント

○クリック単価設定で計画的な露出
○レポート分析から改善案を提案
○原稿のディレクションサービス

認定パートナー シルバー
特徴

ネオキャリアは、もともと中途採用の人材紹介事業を中心として展開してきた会社で、現在は求人広告代理業の他、人事システムやコンサルティング、採用業務のアウトソーシングなど、採用に関する業務の全体的なサポートを提供している。

人材紹介や求人広告代理事業で培ってきたノウハウをもとに、Indeed広告原稿のディレクションからクリック単価の調整、レポート分析・改善まで行います。

中でも特に、求人原稿のディレクションに強みを持つ代理店といえるでしょう。

費用

初期費用:0円

手数料:広告費の20%
※最低運用金額24,000円(ただし出稿費用を除く)

 

運用型広告・デジタルコンテンツに強みがある「ネット広告系」の代理店

ジャック&ビーンズ

blank

☑強みポイント

○リスティング広告を活かした経験
○グルーピング・予算配分の運用
○採用ページ・募集要項のサポート

認定パートナー ブロンズ
特徴

ジャック&ビーンズは、リスティング広告を中心に取り扱うWebマーケティング会社です。

リスティング広告での運用実績に長けているため、Indeedでの求人募集のグルーピングから予算配分の変更など調整することで無駄な費用を削減する点に強みを持ちます。

特に、飲食店・リラクゼーション店・エステサロン等のチェーン店など常に求人件数が多い業界の採用を得意とします。

費用

初期費用:要お問い合わせ

料金:30,000円~

AI活用で大量の求人広告対応に強い経営コンサル系

HR Force(船井総合研究所グループ)

blank

☑強みポイント

○圧倒的な運用社数
○AI活用で求人原稿作成
○各領域スペシャリスト開発の採用サイト制作

認定パートナー ゴールド
特徴

HR Forceは船井総合研究所グループの関連会社のひとつで、世界15拠点の研究施設・パートナー企業とのHR領域の技術発展を進めながら、AIを活用したクラウドシステムで最適な人材を最適な場所で働ける仕組みの実現を目指しています。

世界各国でのIndeed運用に実績があり、Indeedの原稿制作にもAI技術を活用しています。AIが保有する数百億のキーワードビッグデータから、エントリー率を高める求人原稿へとAIが添削します。

その他、職種別のクリック課金対応や、AIによる運用サポートを提供します。

費用

初期費用:要お問い合わせ

料金:100,000円未満~

大切なのは目的に応じたIndeed代理店を選ぶこと

Indeedは、広告運用と流入先ホームページの工夫を上手に組み合わせてることで、低コストで応募意欲・マッチング率の高い応募者数を増やすことが期待できる求人サイト(求人検索エンジン)です。

Indeed代理店のサービス内容は、多岐に渡りその運用方法についても会社ごとで強みに違いがあります。

自社でどれくらいのノウハウがあるのか、またどこまでの採用活動の目標をIndeedで果たしたいのかに照らし合わせて、メリットや実績のある代理店を比較して選ぶようにしましょう。

当社ネットオンは、採用Web集客専門の代理店として、応募者集客に強みをもつIndeed代理店です。

採用管理システム「採用係長」によるオリジナル採用サイトの制作や応募者の管理、Indeed運用による集客まで企業の採用活動の効率化・低コスト化を全面的にサポートします。

Ineed運用に豊富な実績のある、代理店を探していらっしゃる方は、ぜひ一度ご相談ください。

採用係長については、下記の記事で詳しく解説しています。
採用係長とは? 採用係長でできることを詳しく解説。導入事例や評判も紹介します

インディードの概要についてはこちら

同じカテゴリ内の人気記事

この記事を書いた人
blank
コンノ

公務員として4年間、人事労務の実務経験あり。 これまで100名以上の事業者をインタビューしており、「企業や個人事業主が本当に悩んでいること」を解決できる記事を執筆します。

監修者
監修者
辻 惠次郎

ネットオン創業期に入社後、現在は取締役CTOとしてマーケティングからプロダクトまでを統括。
通算約200社のデジタルマーケティングコンサルタントを経験。特に難しいとされる、飲食や介護の正社員の応募単価を5万円台から1万円台に下げる実績を作り出した。
Indeedはもちろん、インターネット広告やDSP広告を組み合わせた効率的な集客や、Google Analytics等の解析ツールを利用した効果分析、サイト改善を強みとしている。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら。
電話番号03-4500-1155

【受付時間】平日9:00〜18:00

【 定休日 】土・日・祝日

まずは無料ではじめる