キミスカとは?特徴・強みや口コミ、掲載料金について詳しく解説

『キミスカ』は、学生へのダイレクトリクルーティングに特化したシステムです。

自社で活躍できる学生を分析したうえで、企業側からスカウトを送ることができます。
導入企業は3千社、登録学生の総数は80万人を超えていて、企業と学生の双方から高い人気を誇っているサービスです。

近年、企業数に対して学生数が減っており、「応募を待つだけ」では理想的な人材と出会えない可能性が高まっています。自社からアプローチをかけて引き込むことが、採用を成功させるために効果的なのです。

今回は、キミスカの特徴やおすすめの企業、評判など、企業が利用を検討するにあたって知っておきたい情報を紹介します。

キミスカとは?

(出典:キミスカ公式サイト

キミスカは、新卒採用のダイレクトリクルーティングができるシステムです。

採用意欲を伝える「スカウト機能」や自社で活躍してくれる学生を把握できる「タレント分析機能」をはじめ、採用を効率的に進める仕組みが充実していることが特徴です。

累計で6500社以上の企業が導入していて、登録学生数も多いことから、人気の高いサービスだといえます。学生との関係構築にも使えるため、採用だけでなく、母集団形成にも効果的です。

※「ダイレクトリクルーティング」が何かを知りたい方は、下記の記事をご覧ください
ダイレクトリクルーティングとは?メリットや費用、はじめる際のポイントを徹底解説!

キミスカの主な特徴や強み

キミスカには、下記の機能が搭載されています。

機能 内容
3段階のスカウト機能 ゴールド・シルバー・ノーマルという3段階のスカウトを送って、学生に採用意欲を伝えられます。
学生検索 100種類以上の検索軸をもとに、自社に合う学生を検索できます。
AI検索 自社とのマッチ度が高い人材が、AIによって自動で表示されます。
タレント分析 社内で活躍している人材を踏まえて、採用候補者の活躍可能性を分析します。
スカウト分析 過去のスカウト実績について、分析や比較ができます。
適性検査 学生の能力や性格を定量的に分析します。
説明会管理 自社の説明会情報とその参加者の情報を一元管理できます。
内定者フォロー機能 内定者とやり取りができます。接触機会がスコア化されるので、辞退防止に役立てることも可能です。
採用管理(ATS) 応募のあった学生の進捗状況を一括管理できます。

※採用管理(ATS)はオプション機能です

さらにここからは、「キミスカならではの強み」についていくつか紹介します。

3種類のスカウトがある

キミスカには、下記3種類のスカウトランクがあり、送信可能数が少ないランクほど企業の本気度が伝わる仕組みになっています。
企業の「あなたを採用したい」という気持ちを、スカウトを送るだけで伝えることが可能です。

  • ゴールド:50件
  • シルバー:150件
  • ノーマル:1000件

適性検査をもとにスカウトができる

キミスカの適性検査では、学生の能力や性格を定量的に分析し、その分析結果をもとに自社に合った学生を検索することが可能です。

これにより、自社とのマッチ度が高い学生に対してスカウトできるので、ミスマッチが最大限に防止されます。

登録学生にMARCHが多い

MARCHや国立大学など、高学歴の学生が多く登録していることも特徴です。

「高学歴の人材がほしい」と考えている企業は少なくないと思います。求める人材が効率的に見つけられるのは嬉しいですね。

イベントで学生と関係を構築できる

キミスカでは、合同説明会など、企業と学生が直接顔を合わせるイベントを開催しています。中には、その場でスカウトを出せるイベントもあるようです。

企業の熱量や思いを直接伝えることで、学生との良い関係が構築され、採用がスムーズに進むでしょう。

コンサルタントによるサポートがある

キミスカは、サポートチームが導入から採用までを支援してくれます。
下記のように段階に応じて支援してくれるので、初めて利用する企業や採用ノウハウに自信がない企業でも安心です。

導入段階 キックオフミーティング実施後、求める人材像の擦り合わせや運用計画の策定などを行います。
活用段階 活用中に悩みが生じたら、コンサルタントに1on1で相談することができます。
契約プランによっては、自社の採用状況に応じて改善策を提案してもらえます。

キミスカの利用がおすすめの企業

キミスカは、特に下記の特徴を持っている企業が向いています。

  • 新卒採用に力を入れている企業
  • ダイレクトリクルーティングを実施したい企業
  • マッチ度の高い学生と出会いたい企業
  • 専門的なサポートを受けながら採用活動を進めたい企業

キミスカの口コミ・評判は?

では、実際にキミスカを利用した企業は、どのような感想を持ったのでしょうか。
良い評判・悪い評判について、導入事例やSNS、口コミサイトなどからいくつか紹介します。

良い口コミ・評判

細かい条件を設定しても自社に合う学生が見つかるので驚きました。
学生のログイン状況やスカウト受取数も確認できるので、その候補者の意欲度や就活状況なども把握できます。そのため、スカウトを送るべきかどうか、事前に判断できるのが嬉しいです。
(キミスカ公式サイト 導入事例より一部出典)
登録情報を見てスカウトを送ると、半数以上も返信をもらえています。
たくさんのスカウトを送るというより、しっかりと当社にマッチする学生を判断してスカウトを送ることが大切だと感じました。
学生の価値観を踏まえたスカウトを送ることで、自社に合った人材とのマッチングが実現しています。
(キミスカ公式サイト 導入事例より一部出典)
自動スカウト機能がないので、エントリーシートをしっかり読んだうえでスカウトしなければなりませんが、その分良い人材との出会いが多くて重宝しています。
(SNSより)

悪い口コミ・評判

公表しにくいという性質も重なって、悪い口コミに関しては、企業側の口コミが見当たりませんでした。そこで、学生側の良くない口コミをいくつか紹介します。

オファーはありましたが、ベンチャー企業や小規模の企業が多くて、良い出会いがありませんでした。
ゴールドオファーがなかなか来ませんでした。
ちゃんとプロフィールを読んで送られてくるオファーが少ないように感じました。
多くのスカウト文が私の就活状況に合っておらず、プロフィールを読まずにスカウトを送ってきているのだと感じました。

学生側の良くない口コミとしては、「プロフィールを読んでいない」といった内容が多く見られました。
逆にいうと、学生の就活状況やプロフィールをしっかり確認して、一人ひとりに合ったスカウトを送ることができれば、自社に興味を持ってもらえそうですね。

キミスカの登録者データ

キミスカに関係するデータをいくつか紹介します。
まずは、登録者数に関するデータです。

  • 導入企業数:3,000社(2023年2月時点)
  • 登録学生数:83.4万人(2023年2月時点)
  • 累積導入アカウント数:6500社以上

キミスカの登録人数

キミスカの広告代理店によると、2023年卒における2023年2月時点での登録者は9万人。

2022年卒の登録者数が最終的に約14万人だったことから、2023年卒も約15万人にまで伸びる見込みのようです。

キミスカの会員ステータス情報

MARCH・関関同立クラスの学生が特に多く、国公立や上位私立の学生も少なくありません。レベルの高い学生が多く利用していることが見込まれます。

会社選びの軸としては、「プライベートとの両立」や「成長できる環境」などが重視される傾向にあります。

(引用:キミスカ|みんなの採用部

キミスカの掲載料金プラン

キミスカの料金プランは下記のとおりで、具体的な金額は企業ごとに問い合わせる必要があります。

【キミスカの料金体系】

採用予定人数+オプション

キミスカの公式サイトで料金シミュレーションができるので、具体的な金額の見積りが欲しい場合は利用してみるのがよいでしょう。

キミスカ導入の流れ

キミスカは、下記の流れで導入します。

1 問い合わせ 最初に、電話や問い合わせフォームから、キミスカを導入したい旨を伝えます。
キミスカ問い合わせフォーム:https://kimisuka.com/company/contact
2 提案 自社の採用状況やニーズを擦り合わせたうえで、最適なプランを提案してもらいます。
3 申し込み 利用するプランが決定したら、申し込みをします。
4 アカウント発行 申し込みから2営業日以内にアカウントが発行され、学生へのスカウトが可能となります。

求人掲載なら採用係長

「自社採用ページを作って学生を募集したい」
「これからずっと使える採用ページを安価で作りたい」
このように考えている場合におすすめなのが、採用サイト作成ツール『採用係長』です。

【採用係長の特徴】

  • 「中小企業がおすすめする採用サイト作成ツールNo.1」に選ばれた実績
  • 『Indeed』や『求人ボックス』といった6つの求人検索エンジンと一括連携
  • フォーマットに沿うだけで簡単に求人票ができる
  • 好きなテンプレートを選んで、自社ならではの採用ページを作成
  • 応募者管理や面接記録、評価比較などの採用業務がこれひとつで完結
  • 電話やメールで採用活動を随時サポート

料金は19,800円~/月とお得に設定しており、お客様のニーズに応じたカスタマイズも可能です。
採用係長を利用して、多くの企業様が採用に成功しています。全国どこからでも利用できますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
『採用係長』についての問い合わせはこちらから

まとめ

キミスカは、学生へのダイレクトリクルーティングが可能なシステムです。
自社で活躍する可能性の高い学生を分析したうえで、ゴールド・シルバー・ノーマルの3段階のスカウトを送ることができます。

導入前から導入後の運用まで、段階に応じたサポートがあるので、採用ノウハウに自信がない企業が安心して利用できるのも嬉しいですね。

なお、採用サイトを作って応募者を集めたい場合は、ぜひ当記事の最後に紹介した『採用係長』をお試しください。
当社ネットオンは、2004年の創業以来、「採用Webマーケティング」の分野で個人事業主や零細企業、中小企業、大企業まで幅広く支援してきました。
皆さまのお悩みに応じて最適なプランをご提案するので、まずはお気軽にお問い合わせください!
『採用係長』についての問い合わせはこちらから

2分で求人票を作成!無料体験を始めるblank