「engage(エンゲージ)」とは? 機能の特長やメリットを解説!

求人の応募効果を高めるために、求人検索エンジンを活用する企業が増加しています。その採用活動を進めるうえで、スムーズな業務運用に欠かせないのが採用管理システム(ATS)です。
採用管理システムには有料から無料までさまざまなサービスがあるため、初めて採用管理システムを利用する場合は、無料で使えるサービスがおすすめでしょう。

そこで今回は、無料で利用できる『engage(エンゲージ)』をご紹介。特長や導入メリット、他の採用管理システムとの違いについて解説します。

『engage(エンゲージ)』とは?

『engage(エンゲージ)』は、求人メディア運営や人材紹介サービスを手がける、エン・ジャパン株式会社が提供する採用管理システムです。
採用サイトや求人票の作成から求人メディアおよび求人検索エンジンへの掲載、応募者の一元管理など、採用管理システムの基本機能をすべて無料で利用することができます。

また同社が運営する転職サイト『エン転職』の会員に対してアプローチができる、スカウトメールの利用も可能。そのほか有料プランも用意されています。

「engage(エンゲージ)」の機能と特長

『engage(エンゲージ)』の機能と特長は、以下の3つです。

  1. 採用サイト作成と求人票掲載が無料でできる
  2. ひとつの管理画面で、応募者管理とメッセージのやりとりができる
  3. スカウトメールを無料で送れる

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

採用サイト作成と求人票掲載が無料でできる

『engage(エンゲージ)』では、プロがデザインしたような採用サイトを作成することができます。作業は、入力フォームに必要な情報を入力するだけ。専門知識やスキルがなくても最短15分で、採用サイトが完成します。

さらに社員・バイト求人サイト『エンゲージ』と『LINEキャリア』のほか、『Indeed』や『スタンバイ』『求人ボックス』『Googleしごと検索』への求人票掲載が可能。求人メディアと求人検索エンジン、合わせて6つの求人サービスに自動で一括掲載することができます。

加えて、TwitterやFacebookなどのSNS連携も簡単です。連携したいサービスを選択し、アカウントのURLを入力すれば、自社のSNSアカウントへリンクするアイコンが求人ページ内に表示されます。

ひとつの管理画面で、応募者管理とメッセージのやりとりができる

複数の求人サービスからの応募者を一元管理することができます。応募者とのメッセージのやりとりも『engage(エンゲージ)』上で行うことが可能。複数の管理画面を操作する手間がなく、煩雑な作業によるミスの心配もありません。

スカウトメールを無料で送れる

『engage(エンゲージ)』では、同じく自社で運営する転職サイト『エン転職』の会員にスカウトメールを送ることができます。900万人を超える(※1)『エン転職』の会員の中から、採用ターゲットに合った人材に直接アプローチすることが可能。配信数に制限はありますが、無料でスカウトメールを利用できる点は、他のサービスにはない魅力です。

※1)2021年4月時点

『engage(エンゲージ)』はどこまで無料で使えるのか?

『engage(エンゲージ)』は、無料の採用管理システムです。求人掲載にかかる機能はすべて無料で利用することができ、初期費用や月額費用、成功報酬も一切かかりません。

ただし、スピード感や高い効果を求める企業や、無料掲載後に採用を加速させたい企業は、有料オプション(engageプレミアム)を利用することも可能です。

ここでは、無料で使えるサービスの内容を確認しておきましょう。

採用サイト作成と求人票掲載はすべて無料

採用サイトおよび求人票の作成から掲載まで、ひと通りの機能はすべて無料で利用することができます。

掲載期間と求人件数の制限なし

求人票には掲載期間がありません。募集職種の人材が採用ができるまで無料で掲載し続けることが可能なため、通年採用にも最適です。
さらに掲載件数に制限がなく、追加掲載も手軽。急に欠員がでた場合でも、簡単に募集を始められます。

何名採用しても、0円

『engage(エンゲージ)』を利用して採用ができた場合の採用単価は、0円です。人数に関わらず、採用によって課金されることはありません。

『engage(エンゲージ)』のメリットとは?

続いて、『engage(エンゲージ)』を利用する2つのメリットを確認します。

最短15分で採用サイトが作成できる

『engage(エンゲージ)』なら、手軽に採用サイトを作成することができます。作業は簡単で、仕事内容や勤務地、給与など、決められた項目にテキストを入力していくだけ。募集要綱がまとまった資料や求人原稿、画像が手元にあれば、さらなる時間短縮も可能です。公式サイトでは、最短15分で完成すると伝えています。

求人票の魅力を高めるには、任意の入力項目も充実させることがおすすめです。ここでひと手間かけたとしても、従来の求人原稿作成に比べれば手軽な作業といえるでしょう。

採用コストを削減できる

本来であれば、「採用サイトの作成」「求人媒体への掲載」「採用管理システムの利用」「採用」のそれぞれ(またはその一部)に費用がかかりますが、『engage(エンゲージ)』なら、これらのコストを削減することができます。基本機能だけの利用で採用が成功した場合は、採用コストは0円です。

仮に有料プランを利用した場合でも、使い方次第では大幅に費用を抑えることが可能でしょう。

『engage(エンゲージ)』と他の採用管理システムの違いとは?

無料で利用できる採用管理システムは、『engage(エンゲージ)』以外にも存在します。他の採用管理システムと『engage(エンゲージ)』では、どのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、『Airワーク(エアワーク)』と『採用係長』の2つの採用管理システムを『engage(エンゲージ)』と比較します。

『Airワーク(エアワーク)』との違い

『Airワーク(エアワーク)』は、株式会社リクルート(※2)が提供する採用管理システムです。『engage(エンゲージ)』と同じく、採用サイト・求人票作成から掲載、応募管理までを無料で行えます。

採用サイト・求人票作成の手軽さは、『Airワーク(エアワーク)』の特色といえるでしょう。デザインテンプレートは80種類あり、背景写真もあらかじめ用意されているため、求人票に掲載できる写真がない場合も困りません。さらに『タウンワーク』や『はたらいく』など、リクルートメディアで掲載した原稿を自動で取り込む機能も搭載されています。
『Airワーク(エアワーク)』のサービスサイトによると、アカウント登録開始から求人公開までは、最短5分(2021年5月実績)で可能とのこと。一括掲載ができる求人検索エンジンは、『Indeed』『Googleしごと検索』『求人ボックス』の3つです。

またより高い応募効果を得るための有料プランもあります。『タウンワーク』を利用している企業向けの「タウンワークオウンドパック」や、採用サイトの作成から『Indeed』への有料掲載までを代行する「Airワーク 採用管理 iブースト」などの利用が可能です。

※2)2021年4月の吸収合併以前は、株式会社リクルートジョブズ

『採用係長』との違い

『採用係長』は、株式会社ネットオンが運営する採用管理システムです。無料プラン(トライアルプラン)の基本機能は『engage(エンゲージ)』とほとんど同じですが、求人媒体への掲載はありません。
求人検索エンジンへの連携は、『Indeed』『Googleしごと検索』『求人ボックス』『キュウサク』の4つ。有料プランではそれらに『スタンバイ』と『Career Jet』が加わり、最大6つの求人検索エンジンへ一括掲載することができます。

また電話やメールによるサポートが充実している点は、『採用係長』の特色です。システムの使い方はもちろん、魅力的な求人票の書き方から応募者の集客方法に関するアドバイスまで、サポート内容も充実しています。安心して採用活動に取り組めるでしょう。

「採用管理システム」機能比較表

『engage』『Airワーク』『採用係長』の特長を以下の比較表にまとめました。
「採用サイト・求人票作成」「応募者集客」「応募者管理・その他」においてそれぞれの機能を比較していますので、採用管理システム選びにお役立てください。

採用サイト・求人票作成

  engage Airワーク 採用係長
テンプレートデザイン 10種類(テーマカラー) 80種類 6種類(テーマカラー)
フリー素材 ×
ロゴ画像の作成
サイト内コンテンツ作成
サイト内の求人検索 × ×
求人文章テンプレート
求人の複製機能
求人のポスター出力 × ×

応募者集客

  engage Airワーク 採用係長
Indeed/Googleしごと検索への自動掲載
求人媒体との連携 ×
Indeed有料広告枠掲載オプション ×
SNS連携
バナー掲載 × ×
スカウト機能 『エン転職』会員にスカウト可 × ×
求人ページ分析機能 × ×

応募者管理・その他

  engage Airワーク 採用係長
対応ステータス管理
メッセージのやり取り
応募者への自動返信メール × (定型文のみ) (自由設定)
応募者情報のダウンロード
スマホ対応
独自ドメイン × ×

まとめ

今回は『engage(エンゲージ)』の機能や特長について解説しました。
求人検索エンジンを活用した採用は、採用にかける予算や人手が限られている中小企業にとって、最適な採用手法といえます。採用管理システムは、その求人検索エンジンを活用するために必要となる、採用サイトと求人票作成に欠かせないツール。さらには各媒体への一括掲載や応募者の一元管理まで可能です。

無料で利用できる採用管理システムの基本的な機能はどのサービスも類似していますが、それぞれに特色があります。有料オプションなども含めてしっかりと比較し、自社の採用活動に適したサービスを選びましょう。