人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

「ジョブオプLite(ジョブオプライト)」とは?機能の特徴やメリットを解説!

[公開日]2020.08.20
[更新日]2020.08.20

採用手法が多様化している現在、求人を掲載するにしても「まずは無料で始めて様子を見てみたい」という方が多いと思います。

そこで今回は無料で求人ページを作成でき、採用コストの削減ができる採用管理システム(ATS)の1つである「ジョブオプLite(ジョブオプライト)」について、その特徴や他の採用ツールとの違いを解説します。

ジョブオプLiteとは?

『ジョブオプLite』は、『タウンワーク』や『はたらいく』といった求人媒体を持つ株式会社リクルートジョブズが提供している採用管理システムです。

オリジナル採用サイトの作成、リクルートが培ってきた採用に関するコンテンツ、採用活動を効率化させる応募者管理機能など、付随している全ての機能が無料で使用できます。

『ジョブオプLite』の機能と特徴

採用サイトの作成と求人の掲載

採用サイトの作成に関しては、80種類以上もの豊富なデザインやメイン画像が用意されているため、会社の雰囲気にあったデザインを選択できます。また、近年ではスマートフォンで求人を閲覧する求職者が多いため、スマートフォンでの閲覧にも最適化されています。

求人専門の検索エンジンであるIndeedや求人ボックスへの連携も対応しています。また、Googleしごと検索やYahoo!しごと検索にも掲載が可能です。

応募者の管理やメッセージのやりとり

専用の管理画面にて応募者の氏名や電話番号などの応募者情報を一元管理する事が可能です。その管理画面上において応募者対応のステータス記録やその状況の確認、ならびに個々の応募者に対してメッセージのやり取りを行えます。

管理すべき応募者情報を別のソフトやプログラムで管理したい時には、CSV形式にて一括ダウンロードできる機能も備わっています。

リクルートメディアの求人原稿の取り込みができる

『ジョブオプLite』では、『タウンワーク』や『はたらいく』などのリクルートメディアで公開したことのある求人原稿を採用サイトに取り込めます。この機能を活用することによって、求人原稿の作成にかかる時間が削減できます。

ただし、リクルートが提供する応募管理システム『おうぼうける君』とのアカウント連携が必要となります。原稿サイズやその項目などによって取り込みができない求人原稿もあるので、注意が必要です。

『ジョブオプLite』は無料で使える?

0円

基本的にはすべて無料

『ジョブオプLite』の活用に関しては、採用ホームページ作成から求人掲載、応募者の情報管理まで基本的に無料で利用できますが、費用をかけて応募率を高める有料サービスも同時に存在します。その1つがタウンワークなどと組み合わせたオプション、『オウンドパック』です。

有料サービスを組み合わせて使用することで、短期的に閲覧数や応募数を獲得するなどの目的に合わせて採用活動を行えます。

『ジョブオプLite』を利用するメリット

採用ページが最短10分で作成できる

あらかじめに文章となる求人原稿や求人ページに掲載する画像の素材があれば、最短10分で採用ページを作成する事が可能です。職種や勤務地、仕事内容などの入力項目が用意されていますので、項目に沿って必要事項を入力するだけでページが完成します。

任意の入力項目もありますが、求職者はより多くの情報を求めているので、なるべく多くの項目を入力して中身を充実させることが非常に大切です。

採用コストが削減できる

前述した通り、『ジョブオプLite』は採用ページを無料で作成・活用できます。

自社専用の採用ページを何十万円と費用をかけてオーダーメイドで制作を依頼する方法もありますが、『ジョブオプLite』を導入するとそのコストを削減できます。また、掲載課金型の求人媒体などと比べると、基本的に無料で利用できる『ジョブオプLite』は、圧倒的に費用を抑えられます。

ジョブオプLiteと他の採用ツールの違いとは?

Indeed(インディード)との違い

『ジョブオプLite』は、株式会社リクルートジョブズが提供する採用サイト作成ツールです。

一方で『Indeed(インディード)』は、月間訪問数3,460万以上を誇る求人情報専門の求人検索エンジンです。求職者は、さまざまなメディアや企業採用ページの求人をまとめて検索でき、企業は自社の求人情報を掲載できます。

『engage(エンゲージ)』との違い

エン・ジャパン株式会社が運営する『engage(エンゲージ)』は『ジョブオプLite』と同様に無料で求人作成から掲載、応募者管理が可能です。

『engage』の場合、連携できる求人検索エンジンは主に4つ(Indeed、Googleしごと検索、Yahooしごと検索、求人ボックス)になります。しかし、その他LINEキャリア、Facebookに自動掲載されます。Twitter連携も可能です。

『ジョブオプLite』の場合も、連携できる求人検索エンジンは主に4つ(Indeed、Googleしごと検索、Yahooしごと検索、求人ボックス)になります。オウンドパックを活用すると、タウンワークにて求人掲載している原稿の内容をIndeedの上位掲載も同時に組み合わせることで求人の露出を増やし採用力の強化につながります。

『採用係長』との違い

株式会社ネットオンが運営する『採用係長』は『engage』や『ジョブオプLite』と同じ、採用管理システムに分類されます。

『採用係長』にて求人掲載を行う場合、連携できる求人検索エンジンが最大7つ(Indeed、Googleしごと検索、Yahooしごと検索、求人ボックス、スタンバイ、Career Jet、キュウサク)となります。

ただし、無料のトライアルプランの場合は4つの求人検索エンジンに連携可能(Indeed、Googleしごと検索、求人ボックス、キュウサク)です。

採用管理システム機能比較表

採用サイト・求人作成において
  engage ジョブオプLite 採用係長
テンプレートデザイン 10種類(テーマカラー) 80種類 6種類(テーマカラー)
完全オリジナルデザイン × ×
フリー素材 ×
ロゴ画像の作成
サイト内コンテンツ作成
サイト内の求人検索 × ×
求人文章テンプレート
求人の複製機能
求人のポスター出力 × ×
応募者集客
  engage ジョブオプLite 採用係長
Indeed/Googleしごと検索への自動掲載
求人媒体との連携 ×
Indeed有料広告枠掲載オプション ×
SNS連携
バナー掲載 × ×
スカウト機能

『エン転職』会員に
スカウト可

× ×
求人ページ分析機能 × ×
応募者管理・その他
  engage ジョブオプLite 採用係長
対応ステータス管理
メッセージのやり取り
応募者への自動返信メール × 〇(定型文のみ) 〇(自由設定)
応募者情報のダウンロード
スマホ対応
独自ドメイン × ×

まとめ

インターネットの活用が当たり前になっていく中、採用活動において自社の情報を発信し魅力を感じてもらうための採用ホームページが必要となっています。

求人媒体を活用して1週間から1ヶ月載せるという方法よりも、自社専用の採用ホームページを使って募集をかけていくのが今後の採用活動の主流となりつつあります。

ただ、採用ページを作成しても求人の書き方や見栄えなど、様々な要因によっても応募数が変わります。そのため『ジョブオプLite』『採用係長』などの採用ページを作成できる採用管理システムの活用が重要です。

無料から始められるツールや完全無料のシステムもあるので、ぜひ今後の採用活動において活かしてみてくださいね。

この記事を書いた人

お亮

お亮

「採用係長」セールスチームに所属。採用にお困りのお客様の採用課題の解決につながるようにサポート・ご提案させていただいております。お休みの日は良くドライブしています!

PAGE TOP