人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

飲食店におけるWeb面接(オンライン面接)について|おすすめの無料ツールをご紹介

95 views
[公開日]2020.10.29
[更新日]2020.10.29
飲食店 Web面接

Web面接(オンライン面接)は、飲食店での導入も可能です。実際にWeb面接を検討している採用担当者の方も多いのではないでしょうか。

ただ、導入を検討していても、

「飲食店でもWeb面接はできるのか?」
「飲食店でWeb面接をやるメリットや注意点は?」

など、気になる部分も多いと思います。

そこで今回は、飲食店でWeb面接をするメリットや、Web面接での注意点などについて詳しく解説していきます。

Web面接に使えるおすすめの無料ツールもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

飲食店がWeb面接を行う利点

まずは、飲食店がWeb面接を行う主なメリットを詳しくご紹介します。

遠方の候補者を面接できる

Web面接は場所を問わないので、遠方に在住している候補者の面接も可能です。従来の対面面接では難しかったエリアの候補者も面接できるため、採用対象者の幅も広がるでしょう。求職者にとっては「場所を気にせず気軽に応募できる」というメリットがあります。

店内の様子を映像で伝えられる

Web面接では店内の様子を映像で伝えられるため、「事前に店内の様子を知っておきたい」という求職者にアピールできます。

働く前に店内の様子を知っておきたいという求職者は意外と多いものです。採用後に「想像していた職場と違った」という理由で離職されてしまうリスクも減らせるでしょう。

採用効率が良くなる

Web面接は対面で面接をするよりも時間と場所の融通が利くので、応募から採用までの効率とスピードがアップします。選考の効率が高まれば面接の数を増やせるようになるため、確保できる人材の質も上がるでしょう。

対面での面接には「採用側と求職者双方の時間と場所を拘束する」というデメリットがあります。自由度も低く対応できる人数に限りがあるので、効率的な採用は困難です。

お互いリラックスした形で面接を進められる

対面での面接にはどうしても緊張感が生まれてしまいますが、Web面接は相手がその場にいるわけではないので、リラックスした形で面接を進めることができます。

飲食店がWeb面接を行う上での注意点

Web面接ならではのメリットもありますが、その一方で「Web面接だからこそ注意したい点」を知っておくことも大切です。

導入後のトラブルを防ぐためにも、飲食店がWeb面接を行う上での注意点を確認しておきましょう。

面接環境を整える

Web面接はマイクで音を拾うので、周囲がざわついている状況で行うと会話に集中できません。また、カメラに背景がはっきりと写るため、「雑多な雰囲気が相手に伝わりやすい」というデメリットもあります。落ち着いて面接を行うためにも、周囲が静かで整理整頓されている環境を用意しましょう。

はっきりと話すように心がける

Web面接はオンライン上で行うため、通信環境によってはタイムラグが生じたり、声が聞きづらかったりすることがあります。Web面接をスムーズに進めるためには、対面で会話をするときよりも大きめの声でハッキリ話すようにしてください。

カメラのレンズを意識する

画面に映っている相手の目を見て話すと、相手からは目線が下がっているように見えます。顔を写しているのはあくまでもカメラなので、相手の顔を見て話すのではなく、カメラを見ながら話すようにしましょう。

画面上で視線を合わせても実際には視線が合わず、不自然になってしまいます。そのため、Web面接中は「自分がカメラに映っている」ということを常に意識するようにしてください。

飲食店におすすめの無料Web面接ツール

ここからは、飲食店におすすめの無料Web面接ツールを5つご紹介します。

Skype(スカイプ)

Skypeトップぺージ画像出典:Skype公式サイト

Skypeは、チャットや音声通話、ビデオ通話などができるオンラインチャットツールです。基本的な機能はすべて無料で使えるので、初めてでも手軽に導入することができます。

パソコンのほかにスマートフォンやタブレット、ウェアラブル機器など、多彩なデバイスに対応しているのも特徴です。

Skypeの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください
『Skype』面接の始め方ガイド|スカイプ面接の準備と面接当日の流れ【採用担当者向け】

Googleハングアウト

googleハングアウトトップぺージ
画像出典:Googleハングアウト公式サイト

Googleハングアウトは、Google社が提供している無料のコミュニケーションツールです。複数のコミュニケーション機能を実装しているので、音声通話やビデオ通話だけではなく、グループチャットにも使えます。インターネットに接続できる環境さえあれば、利用する端末を問いません。

Googleハングアウトの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。
『Googleハングアウト』を使ったWeb面接方法を徹底解説!【採用担当者向け】

Whereby(ウェアバイ)

Wherebyトップページ
画像出典:Whereby公式サイト

Wherebyは、手軽なWeb面接を実現する「ブラウザ完結型」のサービスです。自分のルームURLをメールやチャットで送り、相手がそれをクリックしてブラウザで開くだけで、簡単に映像と音声で繋がることができます。専用のソフトウェアをインストールする必要もありません。

フリープランでも参加人数4人、ルーム数1つまで利用できるため、飲食店のWeb面接に十分使えます。ワンクリックで完結するという手軽さは、初めてWeb面接を導入するという飲食店にも最適です。

Wherebyの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。
『Whereby』でWeb面接(オンライン面接)を行う方法【採用担当者向け】

Zoom(ズーム)

zoomトップページ画像出典:zoom公式サイト

Zoomは、クラウド型のビデオチャットサービスです。パソコンやスマートフォンなどを通じたビデオ通話ができるので、Web面接の導入を検討している飲食店でも活用できます。

有料プランの選択も可能ですが、飲食店のWeb面接で使うだけなら無料プランでも不足はありません。

zoomの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。
『zoom』を使ったWeb面接(オンライン面接)の準備と方法【採用担当者向け】

BIZMEE(ビズミー)

BIZMEEトップページ画像出典:BIZMEE公式サイト

BIZMEEは、ブラウザベースのWeb会議ツールです。ソフトウェアやプラグインなどのインストールをしなくても、高品質なWeb面接が実現します。

スマートフォンやタブレットからブラウザを介して利用することも可能です。ブラウザを立ち上げてからBIZMEEのサイトにアクセスして相手を招待するだけなので、使い方も難しくありません。

なお、BIZMEEが対応しているブラウザは以下のとおりです。

  • Chrome
  • FireFox
  • Opera
  • Safari

すべての機能を無料で使えるのも、BIZMEEの特徴です。一部の機能を無料で使えるツールは珍しくありませんが、BIZMEEは完全無料なので、機能の制限が気になるという面接担当者の方でも安心して使えるでしょう。

BIZMEEの詳しい使い方は、以下の記事をご参照ください。
『BIZMEE』はWeb面接で使える?使い方と特徴まとめ【採用担当者向け】

まとめ

Web面接(オンライン面接)は、飲食店でも手軽に導入できます。無料のツールも充実しているので導入コストはほとんどかかりません。

Web面接は場所を問わずに行えるため、「人材採用の対象地域が広がる」というメリットがあります。店内の様子をカメラで伝えられるのも、Web面接の特徴と言えるでしょう。対面での面接とは異なり、リラックスした雰囲気のなかで面接を進めることも可能です。

ただし、ネット環境によってはタイムラグが生じたり、話の内容が聞きとりづらかったりするので、面接を行う環境を整える必要があります。また、「相手の顔を見るのではなく、カメラを見て話をする」といったWeb面接ならではの注意点があるため、導入前に確認しておくようにしましょう。

無料で使えるWeb面接ツールはいくつかありますが、どれを使おうか迷っているという採用担当者様は、簡単設定のWeb面接機能も使える『採用係長』を試してみてはいかがでしょうか。

専用ソフトのダウンロードやインストールも必要ないので、Web面接を初めて導入する企業様にもおすすめです。

Web面接ツールと求人検索エンジンを利用した採用活動を行いたい飲食店の採用担当者は、ぜひ『採用係長』の利用も検討してみてください。

[indeed_trial]

この記事を書いた人

採用アカデミー編集部

採用アカデミー編集部

採用に関するお悩みならお任せ!採用業界に精通しており、Indeedや求人ボックスなどの求人検索エンジンから、リスティング・ディスプレイ広告などまで幅広い知識を持った、採用Webマーケティングのコンサルタントなどが記事を執筆していますm(_ _)m

PAGE TOP