人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

歯科医院の採用に効果的な方法とは?採用における重要ポイントを解説!

154 views
[公開日]2021.03.26
[更新日]2021.03.25
歯科医院の採用

競合となる求人数が多く、採用が困難である歯科業界において、採用についてお困りの院長も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、歯科医院での採用にあたり、人材を確保するための重要なポイントや効果的な採用方法についてご紹介します。

多くの歯科医院が人材確保を課題としている

昨今、歯科業界では人材の確保を難しい課題としています。スタッフの確保は歯科医院の経営に大きく影響するため、頭を悩ませている院長も多いことでしょう。

ではなぜ、歯科医院は人材を確保することが難しいのでしょうか。その理由は大きく分けて2つ考えられます。

①歯科医院の数が多い

歯科医院の増加により、その求人は圧倒的に数が多く、他の医院との差別化を図ることが難しいことがあげられます。
自院の魅力を最大限にアピールできないと求職者に目を留めてもらえず、思うように人材の確保ができません。

②離職率が高い

職場での人間関係、待遇面での不満などによる離職するケースが多く定着が困難となっています。
また、歯科医院で働くスタッフは女性の割合が高いため、結婚や出産・育児による離職となるケースも必然的に多くなります。

歯科医院の求人募集から採用までの流れ

上記にあげた課題を解決するには、まずは採用におけるオペレーションを整理する必要があります。
歯科医院において効率が良く有用な「求人募集から採用までの流れ」をご紹介します。

①採用ペルソナの設定

まずは、自院で求める理想の人物像を明確にするため「採用ペルソナ」を作成します。

人物像の要件を詳細に書き出し、現場のスタッフにもイメージを共有してすり合わせながら、より自院の理想に近い採用ペルソナを設定します。

採用ペルソナの設定については以下の記事で解説しています。
採用ミスマッチを回避!ペルソナを活かした求人票の作り方とは?

②募集の時期や募集の頻度を決める

何月までに人材を確保する必要があるのか?を考え、採用計画を立てて行動していく必要があります。

また、競合が多く求人を出している時期に求人を出すか、求人数・求職者が少ない時期にあえて求人を出して募集を行うのかなどの採用戦略も同時に決めましょう。

③待遇や働きやすさなど、環境の見直しを行う

求人を出す前に他の歯科医院との差別化を図るため、待遇面や環境など改善ができるところがあれば見直しを行い、自院にしかない魅力を磨き上げることが重要です。

④求人サイト、自院ホームページなどで求人募集

募集要項、募集時期が定まってくれば、実際に求人サイト、自院ホームページなどで募集をかけていきます。
歯科医院に効果的な採用方法(募集方法)については後述します。

⑤応募者からの連絡

応募が来た場合、面接を行うための連絡を行います。
この時のレスポンスはなるべく早く、応募者が競合に流れてしまわないようにスピードを意識することが大切です。

⑥面接

面接では「自院の求める人物像にマッチしているか?」を見極めます。
また、入職後にイメージとのギャップを感じて離職につながってしまわないように自院のことを細かく説明する必要もあります。

⑦合否連絡

面接前の連絡と同様、競合の応募に流れてしまわないように合否連絡は、素早く慎重に行うことが大切です。

歯科医院の採用に効果的な方法

次に、歯科医院に効果的な採用方法を見ていきましょう。

自院サイトで求人を募集する

自院のホームページやSNSページ※があれば、その中で採用情報を掲載し、求人募集を行うと良いでしょう。自院のホームページやSNSページ(オウンドメディア)で求人募集することを一般的に「オウンドメディアリクルーティング」と言います。

※SNS(Twitter・Facebook・Instagramなど)のアカウント公式ページ

オウンドメディアリクルーティングは、アクセス数が多いホームページやSNSページであればあるほど採用の効果が期待でき、コストパフォーマンスも良いため、いま注目を集める採用方法として評価されています。

ただし、アクセス数が少ないホームページ・SNSページであれば効果はさほど期待できないため、自院のブランディングが得意な歯科医院や、日常的にブランディングを軸とした採用を行っている医院に対してオススメの採用方法です。

歯科関連の教育機関に求人を掲載する

歯科関連の大学や専門学校などの教育機関に求人を掲載する方法です。コストがかかりにくい点や、歯科衛生士を目指している学生などに見てもらえる点がメリットです。

将来が有望な人材に見てもらえる半面、学生が望んでいる内容にどれだけ寄り添い求人を作成できるかが課題になってきます。

Web媒体に求人掲載する

特に多くの歯科医院が利用している医療関連に特化した「ジョブメドレー」や「グッピー」などのサイトや、「Indeed」といった求人検索エンジンを活用することで幅広い層に求人をみてもらえます。

紙媒体に求人掲載する

新聞や求人誌、あるいは業界誌などの紙媒体への広告掲載も採用方法の一つです。歯科の業界誌に掲載することにより、求める人材に近い層からの応募が見込め、ミスマッチが起こりにくくなります。

また、紙媒体での掲載はひと目で求人の全体が確認できるためWeb媒体と比べると情報の見落としが少なくなります。

歯科業界を専門とした人材紹介サービスを利用する

歯科業界を専門とした人材紹介サービスを利用した場合、事前に候補者の人間性や経験、適正などの情報を精確に把握ができるため、自院とマッチした優秀な人材を効率的に採用でき、ミスマッチによる離職を防ぐことができます。

歯科業界を志す求職者が重視しているポイント

歯科業界を志す求職者が就職・転職活動を行うにあたり重視しているポイントについて見ていきます。

医院のホームページ・SNSページがあるかどうか

ホームページやSNSページは自院の魅力を最大限アピールできる場所です。実際の歯科医院の経営方針や医院の様子、院長の紹介や先輩スタッフの声などを掲載するとより自院のイメージが求職者に伝わりやすくなります。

院長の人柄や職場の人間関係が良好かどうか

実際に働いているスタッフの集合写真や施設の雰囲気がよく伝わる写真や動画があれば積極的に発信すると良いでしょう。

院長の人柄や職場の人間関係は、求職者が重視する応募要素の一つです。特に集合写真の中でも、院長・スタッフ間の人間関係が良好だと伝わるような写真を外部へ発信することで医院のイメージが良くなります。

理念・方針に共感できるかどうか

求職者は、

  • 医院に共感できる理念があるか
  • 働くスタッフに対する思いや考え方がわかるものがあるか
  • 患者様に対しての思いに共感できるものがあるか

を確認しているケースが多いです。

経営理念はホームページに記載しているが、経営方針やスタッフ・患者様に対する思いまでは記載していないという場合は、アピールポイントの一つとして記載することをぜひともオススメします。

待遇面が良いかどうか

待遇面が条件にマッチしているかは求職者にとって、とても重要な応募要素です。

  • 勤務時間、残業について
  • 休日や休暇制度、福利厚生について
  • 給与査定の基準について
  • 昇給、賞与の有無について
  • 研修、教育制度について

などの点を求職者は、前職や他の歯科医院の勤務条件と比較検討して応募をするか決めています。上記の項目は細かく明示する必要があるでしょう。

応募者に対して、明瞭な給与規定を作成のうえ面接時に説明をすることが大切です。
さらに評価制度やキャリアアッププランについても事前に説明ができていれば、離職の防止につながります。

歯科医院の採用成功事例

ここからは、当社の採用クラウド管理システム「採用係長」をご利用いただき採用成功をされた企業様の事例をご紹介します。

匠歯科様

広島にて歯科医院を経営されている歯科医院様です。
採用係長」を利用し求人内容を自由に作成、修正できることからより希望にマッチした人材の確保につなげることに成功されています。

詳細はコチラから

かねだ歯科医院様

京都にて歯科医院を経営されている歯科医院様です。
コストパフォーマンスに優れたWeb媒体での求人の掲載を行い、歯科衛生士の採用に成功されています。

詳細はコチラから

まとめ

今回は歯科医院での採用方法、重要なポイントについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。募集をかけるにあたって注意すべきポイントは多々ありますが、ひとつひとつ精査を行い、準備してから募集をかけることが大切です。

この記事では歯科医院での採用はもちろん、他業種での採用にも役立つ求人作成する際のポイントなども含まれていますので、少しでも皆様の採用のお役立てになれれば幸いです。

当社の採用クラウド管理システム「採用係長」では圧倒的な知名度を誇るIndeedのほか、計6つの連携先に求人を連携することが可能です。求人作成から応募者の管理まで一括で管理できるシステムですので、採用をお考えであればこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

まずは無料登録から「採用係長」

この記事を書いた人

あかほし

あかほし

カスタマーサクセスチームに所属し主にお客様のサポートを行っております。趣味はボルダリングです。

PAGE TOP