人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

採用係長『採用サイト大賞』受賞者インタビュー「株式会社ISK 様」

221 views
[公開日]2021.01.28
[更新日]2021.01.27
アイキャッチ画像

クラウド型採用サイト作成ツール『採用係長』では30,000事業所登録突破を記念して、全ての登録事業所の中から『採用サイト大賞』を選定・授与しました。採用サイト大賞は採用係長を利用して素敵な採用サイトを作成し採用成功された事業所に贈られる賞です。

第一回目の受賞企業は静岡をはじめ4つの拠点でスポーツカート場を運営している株式会社ISK様です。

今回は弊社代表取締役の木嶋が、採用係長を実際に利用されている株式会社ISK営業本部長の村野陽子さまに、導入前に抱えられていた採用課題や採用係長における採用サイト作成のポイント・アドバイスを伺いました。ぜひ最後までご覧ください。

↓インタビューの動画はこちらから↓

株式会社ISKについて

―まずは、『採用サイト大賞』の受賞おめでとうございます!

ありがとうございます!
こんなに綺麗な盾もいただいてとても光栄です。本日はよろしくお願いいたします。

―早速ですが御社の事業内容を教えてください。

大阪、奈良、浜松(静岡)、前橋(群馬)の4拠点で一般の方向けにモータースポーツを楽しんでもらえるレジャー施設を運営している会社です。1997年の創業以来、予約無し&手ぶらで楽しめるモータースポーツの場としてお客様に喜んでいただいています。また、「より多くの子供達にモータースポーツを通じて健全育成を実現していきたい」という想いで、日本で唯一の常設ジュニアカートスクールの運営も並行して行っています。

―子供でも大人でも楽しめるスポーツなんですね!

モータースポーツはカートに乗り込んだ瞬間、非日常的な空間が広がり、自ら判断・決断・実行を繰り返すことによって走行後は感動と達成感を味わえるスポーツです。大人も子供も楽しんでいただけますよ。カート場のための広大な用地が必要なため、なかなか新しい店舗をオープンできませんでしたが、2020年には4店舗目を群馬でオープンしました。来年にはまた新しい店舗をオープン予定です。

採用の課題について

―2020年1月に採用係長にご登録いただいておりますが、ご登録前までの採用課題はどういったものだったのですか?

ネットや紙の求人媒体はいろいろ使ってきましたが、求人しても人が来ないと諦めていた時期でしたね。誰もが知っている有名な媒体も試しましたが、これと言って効果がないのが4~5年ほど続いていたかと思います。たくさんの(求人媒体の)営業も受けましたし、メリット・デメリットを考えて検討もしていましたが、とにかくどの媒体でも人が来なかったです。応募があっても面接に来ないこともしばしば。2020年の3月に前橋店をオープンしたのですが、その前橋店のオープンにあたって今までの手法や媒体じゃちょっと話にならないなと思っていたくらいです。何かないかなと必死に探していました。

―そこで採用係長にご登録いただいたのですね。

はい、ネットでいろいろ調べているうちに採用係長のサイトに辿り着きました。内容を見てみるとIndeedも含めて複数の求人検索エンジンに作った求人ページをすぐに載せられることを知って、「これにかけてみようかな。」と藁にもすがる気持ちで登録しました。それが採用係長利用のスタートです。

―そうだったのですね。Indeedはすでにご存知でしたか?

はい、Indeedは勢いがすごかったので。実は登録前からIndeedには求人を出していたのですが、イマイチ使いこなせていない感覚がありました。なので採用係長に求人票の作成のサポートや代行作成のオプションがあるのは良いなと思いましたね。

採用サイトについて

―ありがとうございます。無料で試した後、有料プランに切り替えられた大きなポイントはどこだったのでしょうか?

そこから反響があったというのもそうですが、担当の方の連絡がすごく丁寧だったことも有料プランを利用してみようと思った決め手になりました。営業っぽい連絡というよりもこちらの話を聞いてくださる姿勢を感じたことを覚えています。

―求人ページの作成時に気を付けていらっしゃることはありますか?

これはどこの会社さんもそうだと思うのですが、やはり自社の求人ページを自分たちで作ろうとすると、営業でいう押し売りというか、自分たちの会社を売ることに集中して書いちゃうんですよね。なので求職者目線で欲しい情報が書けているか、言葉の選び方が適切かどうかは気を付けているポイントです。

―たしかに求職者目線での伝え方は難しいですよね。

とはいっても迷った時は採用係長の求人代行作成オプションやサポートチームの方のお力を借りて、求職者目線で言葉を選んでもらったりアドバイスをいただいたほうが良いと思います。ちなみに、前に参加した採用係長ユーザー会でもお伝えさせていただいていますが、求人代行作成オプションは本当にお勧めです。求人ページ作成にかける時間が短縮されることもそうですが、なにより言葉選びや欲しい情報の記載といった部分で1万円以上の価値があります。

―ありがとうございます!ぜひ採用サイト作成に関するアドバイスも教えてください。

採用に使う用のPR動画を作成して採用サイトに埋め込んだことによって、応募数がとても増えました。採用サイトには動画をセットにすることがお勧めです。当社では採用サイトや求人ページの作成の際には雰囲気が伝わるようにはどうすればいいかを常に考えているのですが、文章や言い回しはもちろんのこと、動画は雰囲気が伝わる手段として本当に有効です。今ちょうど使用しているPR動画は働く女性従業員の声がメインの動画になっているのですが、次は男性従業員バージョンも作成しようかなと思っています。

―たくさん採用を成功されていますが、マッチした人材を獲得するために工夫されているポイントはありますか?

求人で雰囲気を伝えることも大切だとは思いますが、やはり私たちはサービス業ですので、人のために何かをすることが好きであったり、人が喜ぶ姿を見ることにやりがいを感じる方がすごく向いていると思います。そのため、面接時には今までの経験を詳しく聞いたうえで、どんなときが嬉しいと感じましたか?という質問は必ず聞くようにしています。

―マッチしないと、楽しく働けないですよね。先ほどスタッフさんにご挨拶したときも皆さん楽しそうでした。

まず前提として私はとにかくスタッフもわくわくさせたいと思っています。私のモットーが「明日をキラキラさせるためには何ができるか」なのですが、働いている時間は人生の中で本当に長いので、明日キラキラ迎えられるようにどうしてあげたらいいのか?を常に考えています。でもそれって現場のスタッフたちが一番理解していると思うので、現場のスタッフたちからの要望を募って、必要だと思った制度は導入していますね。

―わくわく、素敵ですね。実際にどのような制度を導入されたのですか?

例えば、新型コロナウイルスの影響で働く時間が短くなって残業もなくなったのですが、残業を見越して働いているスタッフもいるので、何か公平に与えてあげられないかと考えた結果、研修制度を設けました。研修を受けてさらに勉強してその内容が評価できたら報酬金を支給するといった内容です。その他、売上などではなくお客様に喜んでもらったことが直接結びつくような目標数値を設けて、達成できたら報酬金の支給といった制度なども取り入れてみました。お客様のお金ではなく、お客様の笑顔が私たちのわくわくにつながっているので、どういった目標数値にするのかはとても悩みましたね。

新型コロナウイルスの影響で会社もスタッフも苦しい時期に、一緒に何とか乗り越えるためにも、スタッフのモチベーションを不公平感のないよう保つためにどうすればいいのかについては本当にいろいろ考えて試しました。

採用係長について

―率直に採用係長に対する感想を教えてください。

「出会えて本当によかった。」と思っています。正直マッチした方からの応募ではないときもありますが、本当に人が来なくて苦しんだ5年があるので、募集したら応募が来るということだけで非常にありがたいです。むしろ「なんで応募が来るの?」って思っているくらいですね、非常に感謝しています。

―採用係長への要望はありますか?

履歴書情報が応募時に来たら楽だな~と思いますね。履歴書はやり取り中に送っていただけることが多いのですが、応募と同時に送っていただける機能があると嬉しいです。あと面接の日程を設定する際に、こちらがあらかじめ入れておいたスケジュールが自動的に候補として送られて、求職者が選択した日時も自動的に抑えられて予定に反映されるような面接日程調整に関する機能があればとても嬉しいです。

一次対応のスタッフからは応募後いかに早く面接設定まで進むかによって接触率が変わると聞いています。すぐに面接日程調整ができればそれだけ多くの方とお会いできるチャンスだとおもうので、ぜひ取り入れていただきたい機能ですね。

―ありがとうございます。機能面はまだまだ成長段階なのでとても参考になります!

いえいえ、贅沢な要望だとは思いますが…。あと御社の場合は採用係長というサービスに木嶋社長の人となりが出ていて、サービスを通じて温かい会社だと感じています。私はそこに惹かれて継続利用しているので、これからも木嶋社長と同じ遺伝子の従業員さんが育っていって、さらに発展していってもらうことが要望です。

最後に

株式会社ISKさま、ありがとうございました。そして採用サイト大賞の受賞おめでとうございます!

動画の利用によって応募数があがったという話は、私が大学生の時に動画が見れる求人はすごく魅力的に感じたことを思い出しました。写真だけではどういった人物なのかが想像できず、逆に実際に話している動画を見た後はその人の人となりが想像できて少し安心できたことを覚えています。

採用係長をご利用いただいている実際のお客様の声を生で聞くことで、「もっと良いサービスを作るぞ!」という気持ちになりました。今後も多くの中小・地方企業を採用面で支えるべく、さらなるサービスの質向上に励んでまいります。

↓採用係長3万事業所突破記念特設サイトはこちら↓
https://saiyo-kakaricho.com/campaign/2021/30000user_campaign/

おまけ

今回は2020年3月に新規オープンした群馬県のISK前橋店に訪問しました。初めての群馬訪問だったのですが、新幹線で降り立った高崎駅はパスタが有名ということで、お昼にはパスタ専門店『はらっぱ』さんで赤唐辛子とにんにくのトマトソースのパスタをいただきました。にんにくが効いたピリ辛トマトソースに、チーズがふんだんに盛られたパスタは絶品。群馬は少し遠いですがまた絶対に食べたいです。

インタビュー後、木嶋とスポーツカートにも初挑戦しましたが、見ているよりも体感では速くてスリル満点でした。コースにはたくさんのカーブが設置されてあるのですが、スピードを維持しつつカーブを曲がり切ったときの爽快感は今でも覚えています。群馬のほかにも大阪、奈良、静岡でも遊べるので、ぜひ皆さんもストレス発散にいかがでしょうか?

※本取材はソーシャルディスタンスを設け、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を講じた上で行いました。

(インタビュー:木嶋、文:松居)

<取材企業>
企業名:株式会社ISK(https://sportskart.com/
採用係長採用サイト:https://isk-kart.saiyo-kakaricho.com/

この記事を書いた人

M.Matsui

M.Matsui

2017年にネットオンで新卒入社後、採用コンサルを経てマーケティングを担当しています!餃子とレモンサワーが好きなリケジョです。

PAGE TOP