人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

これからの採用手法「採用Webマーケティング」について

[公開日]2017.05.01
[更新日]2020.08.13
ノートパソコンのディスプレイの側面にタブレットを付属している写真

私たちは「採用Webマーケティング」事業をおこなっています。

「Webマーケティング」を「採用活動」に活用することで、お客様(企業・店舗)の採用活動をより良くしていくお手伝いをしています。

私たちは、創業当時からこの仕事をしていた訳ではありません。もともとは他の業界のお客様にも、Webマーケティング支援をおこなっていました。

なぜ私たちが採用Webマーケティング支援をする様になったのか、そして、採用Webマーケティングとは何か、について紹介していきたいと思います。

採用Webマーケティングをすることになった背景

過去は「採用」以外に、「不動産」や「学校・スクール」、「店舗」への集客もおこなっていました。

「スタッフ集め」ではなく「顧客集め」です。

インターネットやホームページを活用することで、より効率的な集客をできたという事例も生まれ、我々もやりがいを持っていました。

しかし「顧客集め」に興味がある企業様は多い一方、「スタッフ集め」は求人広告に頼りっぱなし、という会社ばかりでした。

そんな中、人材募集に力を入れている企業からは「採用ページへの集客」のオーダーを頂くようになり、事例も増えてきました。

「この事例を、採用ページ集客をしていない会社に知らせることで、喜んでくれるのでは」、そう思い、採用にWebマーケティングを活用しましょう、というセミナーやPRを2015年あたりから強化し出しました。

その後、人材不足が社会問題になるにつれ、ニーズが増えてきました。

採用にマーケティングが必要な理由

資料を眺める眼鏡をかけたスーツ姿の女性

マーケティングが必要な理由は明確です。

働き手不足のため、企業は待っていては、応募が来なくなったからです。

顧客獲得のために、多くの企業は必死にマーケティングを行いますよね。

人材獲得もそのような状況になったので、あの手この手で獲得しにいく必要があります。

いわゆる「マーケティング」です。

では、なぜ採用『Web』マーケティングなのか

我々が「採用マーケティング」ではなく、「採用『Web』マーケティング」支援を行なっている理由。

それは、インターネットの技術進歩Indeed(インディード)の普及の2つが理由です。

「インターネットの技術進歩」

これはビッグデータを活用する「AI」技術が大きく進歩した為です。

10年ほど前、バナー広告を出す際は例えば、「Yahooニュースの介護福祉カテゴリページに、2週間で50万円」という様な出し方でした。

つまり、どの面(サイト/ページ)に出すのか、という出し方でした。

しかしここ数年で、個人が特定されない状態で、インターネットユーザーの情報が蓄積されてきました。

これらの情報を利用することで、「誰に広告を出すか」という出し方ができる様になってきました。

この機能を使うことで、例えば、「東京都23区にいる、20代後半の介護職に勤めていると思われる男女に対して、Yahooニュース上で広告を出す」ということができる様になりました。

「Indeedの普及」

そして、当社が「採用Webマーケティング」支援を行なっているもう一つの理由が、これです。

2012年にリクルートがアメリカのIndeed(インディード)を買収し、完全子会社としました。

IndeedはアメリカでNo.1のお仕事探しツールとなっており、SilkRoad Technologyのレポートでは2013年の時点で、面接まで至った求人の約4割がIndeed経由となっています。

日本のIT技術は、アメリカの10年や15年も遅れていると言われてきました。

リクルートはこれを狙って、Indeedを買収し、日本での普及を開始したのです。

Indeedは「Googleの求人版」と言われている求人検索エンジンです。

よって、「仕事を検索しているユーザーへの露出」と「集客したユーザーの獲得(応募)」を最適化することで、効率の良い母集団形成ができるのです。

いわゆる、顧客獲得におけるリードジェネレーションと言われるマーケティング活動です。

リクルートはタウンワークやリクナビNEXTの次を担う求人メディアとして、Indeed事業を日本でも展開していると思われます。その為、リクルートはIndeedのユーザ増加のために莫大な資金を投入して成長を図っています。アメリカの様にNo.1ツールになるかは分かりませんが、ある一定のシェアは獲得すると思われます。

この様な背景から、採用活動において「採用Webマーケティング」が重要となってきているのです。

採用Webマーケティングでの具体的な施策

採用Webマーケティングをしていく際、具体的には以下の2つの施策を行います。

  1. 応募者の受け皿となる「採用ページの作成」
  2. 採用ページへの「求職者集客」

採用ページを既に持っている会社・店舗さんは、ぜひ(2)「求職者集客」にトライしてみてください。これについては、以下のの記事で解説しています。
採用マーケティングとは? | 将来の優秀な人材確保のためにできること

まだ採用ページをお持ちでない会社・店舗さんは、ぜひ「採用係長」で採用ページを作成してみてください!

⇒ 採用係長の登録はこちら

この記事を書いた人

採用アカデミー編集部

採用アカデミー編集部

採用に関するお悩みならお任せ!採用業界に精通しており、Indeedや求人ボックスなどの求人検索エンジンから、リスティング・ディスプレイ広告などまで幅広い知識を持った、採用Webマーケティングのコンサルタントなどが記事を執筆していますm(_ _)m

PAGE TOP