人事・採用担当者向けWebマガジン「採用Webマ ラボ」

Indeed上での検索傾向を把握すべし【柔軟な働き方】を取り入れて注目度アップ

[公開日]2020.01.10
[更新日]2020.01.10

2019年4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行されることを受け、会社の環境整備や制度改革の準備を始めようとしている採用担当者の方も多いのではないでしょうか。

また、求職者も仕事を探す際には、「働き方」を意識していることが想定されるため、どういったキーワードで検索されているのか、把握しておくことが重要です。

そこで今回は、「柔軟な働き方」への関心の高まりによる求職者の変化に着目し、Indeed上にて、求職者目線での「働き方」に関する項目をうまく求人票に落とし込んでいる事例についてご紹介します。

Indeed上での「柔軟な働き方」に関するキーワードの検索数は、年々増加している

Indeed社によると、2013年1月~2019年1月の6年間で、各キーワードの検索数を調査した結果、「柔軟な働き方」に関するキーワードの検索数が年々増加していることを公表しています。
※ここでの「柔軟な働き方」に関するキーワードは、『時短勤務』『フレックスタイム制』『在宅勤務』『テレワーク』『副業』を指します。

同調査によると、「柔軟な働き方」に関するキーワードの2019年1月の検索数は、2013年1月と比較すると182.2%増加しています。
⇒Indeedでテレワーク、副業・兼業といった「柔軟な働き方」に関する求職者の意識調査―Indeed Japan

引用元:IT人材ラボ様

Indeed社が公表した情報から、「柔軟な働き方」への関心の高まりによる求職者の変化が、キーワードの検索推移からも読み取れます。

そこで、実際に「柔軟な働き方」に関するキーワードで検索した際に、どういった求人票が表示されているのか実際に見ていきましょう。

柔軟な働き方に関するキーワードを使用している求人票の事例

ここでは、「柔軟な働き方」に関するキーワードを記載している求人票を2つご紹介します。

事例①:コールセンター × 子育て支援

上記の求人票では、託児所付きワーキングスペースを運営していることから、子どものそばで安心して働ける職場であることをアピールしています。

子育てをしながら働く方にとっては、魅力的な環境でしょう。

事例②:エンジニア職 × リモートワーク

エンジニア職は、特に人材獲得の競争が激しい職種のため、高年収や好待遇をアピールしても、なかなか応募が集まらないのが現状です。

上記の求人票では、柔軟な働き方ができる旨を記載してうまくアピールしています。

このように、個人の価値観を尊重し、柔軟な働き方を整えている点は、他社の求人票と比較しても魅力的に映るでしょう。

柔軟な働き方を表現するキーワードの具体例

以下に、副業やWワーク(ダブルワーク)といった「柔軟な働き方」に関連するキーワードの一例をご紹介します。

  • 副業OK
  • 家庭や子どもの用事でお休み調整可
  • 朝〇時以降就労開始 / 夕方〇時までに退社可
  • WワークOK
  • 出戻りOK
  • フレックスタイム制
  • 在宅ワーク・リモートワーク可

企業側は、時代とともに変化するニーズにも対応できるような環境や制度作りを進めることも重要です。

環境や制度が整えば、求人票にアピール内容として記載することができるので、今よりも魅力的な求人票になるでしょう。

まとめ

Indeed社が公表した、「柔軟な働き方」に関連するキーワードの検索増加の傾向から見てもわかるように、今後もWワークや副業を希望する方は増えていくと予想されます。

しかし実際は、企業側が柔軟な職場環境や労働条件に、応えきれていないのが現状でしょう。

そこで、企業側は、時代の動きに即した柔軟な働き方ができるように就労環境を整えることが大切です。求職者が魅力を感じるような就労環境を求人票で効果的にアピールできれば、優秀な人材獲得にもつながります。

ネットオンでは、採用マーケティングツール「採用係長」という、Indeedなどの求人検索エンジンと連携した採用ページが無料から作成でき、応募数を増やす仕組みやノウハウを提供しています。

「何から始めればいいかわからない」「もっと有効活用したい」といったお悩みをお持ちの方は、ネットオンまでご相談ください。

PAGE TOP