人事・採用担当者向けWebマガジン「採用Webマ ラボ」

Indeedがホテルスタッフの人材募集に向いている理由

[公開日]2020.01.17
[更新日]2020.01.17
Indeed広告 ホテルスタッフ

Indeedがホテルスタッフの人材募集に向いている理由

ホテルスタッフの求人は、「働く時間の融通が利かず大変そう」というイメージから、アルバイトの募集であってもなかなか人材を確保しにくい職種です。常にスタッフの入れ替わりが激しく、時期によっては大量募集しないといけない場合もあり、人材確保に悩む企業様も多いのではないでしょうか。

今回はホテルスタッフの人材募集に、Indeedが向いている理由について紹介いたします。

Indeedは他の求人媒体よりも上位に表示される

Indeedは、SEO(検索エンジン最適化)に強いため、比較的上位に表示されています。

例えば「ホテルスタッフ 求人」というワードで検索すると、下記のように検索結果が表示されます。

Indeedは、検索結果の1位に表示されています。

また下図のように、先にリスティング広告が表示されることもあります。

検索結果の中では、広告を除いてもIndeedが1位に表示されています。

Indeedはホテルスタッフの求人件数が圧倒的に多い

  求人件数
Indeed 137,012件
求人媒体A 2,920件
求人媒体B 421件

※2020年1月16日現在

Indeedは、求人媒体と比べてホテルの求人件数が多い点が特徴です。

また、他の求人媒体の2社と比べて掲載件数は50倍近くの13万件超えとなり、数で圧倒的な差があります。

求人掲載数の多いIndeedは、幅広い選択肢の中から仕事を探したい求職者のニーズを満たしているので、求職者にとって理想的な求人媒体と言えるでしょう。

Indeedでホテルスタッフの求人を募集する際の3つのテクニック

Indeedは、無料プランもあり簡単に求人広告を掲載できますが、その求人を求職者に見てもらい応募につなげるには、テクニックが必要です。また、ホテルの求人数が多いということは、それだけ企業間の競争も激しいといえます。

ここでは、求職者への認知度を上げ、ホテルスタッフの応募数を増やす3つのテクニックをお伝えします。

職種名を具体的にする

求職者がIndeedで求人を検索する場合、まず最初に職種名を入力します。

この時、端的に職種名を記載するだけでなく、どういった場所で働くのか具体的にイメージできるように工夫しましょう。

また、職種名は求職者が検索する一般的なキーワードであることも大切です。そのため、専門用語での記載は極力避けるようにしましょう。

では、実際に具体例を見てみます。

■悪い職種名の例

・清掃員

・掃除スタッフ

・宴会サービス

・ハウスキーピング

・フロント業務

ホテルスタッフにおけるは、職種名は比較的わかりやすいものが多いですが、ホテル以外の業務でも当てはまってしまう職種名が多く、応募が分散してしまう可能性があります。

また、職種名のみの記載だと業務内容も幅広く捉えることができるため、具体的にどこからどこまでの業務がその求人で求められているのかもイメージしづらいです。

例えば「ホテルのハウスキーピング」と言っても、客室の清掃やベッドメイキングのみでいいのか、客室管理などのフロント業務も含まれるのか一目では想像できません。

■良い職種名の例

・ビジネスホテルでの客室清掃スタッフ

・ホテル宴会場での接客サービススタッフ

・ゲストハウスでのフロント業務

上記の例では、まず「ホテル」や「ゲストハウス」であることを明記し、簡潔な言葉で具体的にどこで働くのかイメージできるように工夫されています。

ただし、注意事項として「タイトルに含める内容はあくまで必要最低限のものとし、簡潔に記載する」ことを心がけると良いでしょう。Indeedのガイドラインに則って適切なタイトルを作成しましょう。

仕事内容は詳しく記載する

仕事内容の記載では、より具体的で詳しい情報を記載しましょう。

詳しく記載しておくことで、事前にミスマッチを防ぐことができます。

仕事内容の記載例

✕ 客室のルームメイクをしていただきます。

◯ バスルームの清掃、ベッドメイキング、床の掃除機かけ、アメニティの補充等のルームメイクスタッフを担当していただきます。

応募してほしい人物像を記載する

ホテルスタッフに限らず、どの職種でも言えますが「求める人物像を設定し、求職者に正しく伝えること」は最も重要です。

この人物像を曖昧にしていると、面接の際に「ホテル業務に向いている人物でなかった」といったミスマッチが発生する可能性が高まります。

求める人物像を設定するため、実際に働いている従業員に仕事選びをする上での条件や活躍できる人物像を聞いて、書き出してみると良いでしょう。

また、外国人観光客が宿泊する機会も多いホテルやゲストハウスでは、「留学生の方や外国人の方も歓迎します(ただし日常会話レベルの日本語を話せる方)」「英語を話せる方、異文化交流に興味のある方」といったホテル独自の特徴を活かす内容で記載しておくのも良いでしょう。

Indeedでホテルスタッフの求人を募集した事例

■事例1:C社様

地域 全国
広告費用 40万円
応募数 96名
採用数 数名(非公開)

■事例2:B社様

地域 大阪府
広告費用 15万円
応募数 7名
採用数 数名(非公開)

実際の料金プランはコチラ

この求人募集で成果を出せた理由

1、仕事内容が詳しく具体的に記載されている

2、求める人物像を求職者に伝わるように記載している

3、実際に働いている人の写真を使用している

紹介した2社の求人募集に応募が集まった理由は、上記の3つのポイントを押さえて求人票を作成していたことです。

特に、人物が映っている写真の使用は、「文章だけでも十分伝わるだろう」と軽視されがちですが、写真を用いることで、視覚的にもアピールできます。実際に働いている人の写真を使用することで、職場の雰囲気も伝わりやすくなります。

ホテルスタッフの応募数を増やしたいならIndeedを試してみよう

ホテルスタッフのような、入れ替わりが激しく、人手不足に陥りやすい職種の求人には、まずは無料で求人広告を掲載できるIndeedから始めてみることをおすすめします。

Indeedに掲載するための採用サイトや採用ページをお持ちでない方は、採用サイトが作れる「採用係長」がおすすめです。

ネットオンでは、要望や課題に沿った提案と採用活動のサポートしています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP