人事・採用担当者向けWebマガジン「採用Webマ ラボ」

今話題の「タレントプール」って何?効果から使い方まで徹底解説!

[公開日]2020.05.12
[更新日]2020.05.26
タレントプールについてのイメージ

採用活動を行う際に、「今は諸事情で採用できないけれど、タイミングが合えば自社で働いてほしい人材」や「経験が浅くまだ自社には合わないが、性格面では社風とマッチしている人材」を発見することがあるのではないでしょうか。

労働人口が減少傾向にあり売り手市場にある現在では、そういった求職者に対して、企業はただ待っているだけでなく、積極的に行動を起こしていく必要があります。

今回の記事では、上記のような求職者に対して行う「タレントプール」について解説します。

タレントプールとは?

タレントプールを直訳すると、タレント(Talent)は英語で才能、プール「Pool」は蓄えるという意味を持ちます。
つまり、採用におけるタレントプールとは将来の採用候補者となり得る優秀な人材をデータベースとして管理することです。

採用活動を行っていると「人員が充足した」「企業の方針が変わった」など、状況は常に変化します。
仕方なく見送りとしたが、優秀な人材であったため、採用状況が変わればもう一度「アプローチしたい人材」としてデータベース化しておけば、定期的に連絡をとってタイミングが巡ってきた時に求人への応募を促せます。

タレントプールを行う際のメリット・デメリット

メリット
  • 採用プロセスの効率化

企業に対してすでに関心を示している人材や、活躍を期待できる人材をすでにデータベースで管理しているため、採用の母集団形成を行う必要はありません。
その人材に適したポジションが空いた時にすぐに再アプローチを行い、面接から採用までを効率的に行うことができます。

  • コストの削減

人材紹介会社に費用をかけて優秀な人材を獲得していたが、すでにアプローチをかけたい人材をデータベースとして持っているため、外部にコストをかけず採用活動を行うことが出来ます。

デメリット
  • 再アプローチのタイミングの見定めが必要

企業の方針として採用活動を行うことが決まっていない場合、もしくはポジションに空きがない場合は、再アプローチをかけることは危険です。社内で議論し適切なタイミングでデータベースを活用することが重要です。

  • データベースの管理が難しい

データベースを作成してすぐの頃は、候補に入る求職者をまとめておくだけで良いですが、時間がたつとリスト量が多くなってしまうため、再アプローチする予定の候補者を整理する必要があります。タレントプールに入れる時や入れた後に優先順位やグループを設定し、整理して管理しておく必要があります。

タレントプールをおすすめする理由

労働者人口はますます減っており、資格やスキルを持った優秀な人材は企業による奪い合いとなっています。

先ほどのメリットでも書いたように、すでに自社に興味・関心を持っている候補者でも、優秀な人材は引く手あまたな情勢のため、他社よりも多くアプローチを行い強いつながりを維持することが重要です。

タレントプールは実際にどのように行うのか?

タレントプールは以下の手順で行います。

  1. タレントプール用にリストを準備する
  2. 面談・面接後に候補者の情報を控えておく
  3. 定期的にリストにある候補者にメッセージを送る
  4. 候補者のグループ分けをある程度行う
  5. 再アプローチを行う
  6. 再度面接の日程を調整
  7. 面接
  8. 採用

まずは、タレントプールを行うためにデータベースを作成できるツールを見つけましょう。

その後、データベースにこれまで面談や面接をした候補者や、企業に興味を持ってくれている候補者をまとめておきます。
次に定期的に連絡を取る方法を考えます。例えば、自社主催のミートアップや勉強会に来てもらったり、自社のプレスリリースを送ったりなどして、こまめに連絡をとります。

いざ社内で採用活動に力を入れることが決定したら、これまで連絡をとっていた候補者に対して順々にアプローチメールを送りましょう。面接の日程を決めて面接を行います。

タレントプールを活用できるWebサービス一覧

TalentCloud

TalentCloudのトップページのキャプチャ出典:TalentCloudトップページ

『TalentCloud』は自社のタレントプールを作成・運用できることに特化した採用管理システムです。

このツールでは、候補者をデータとして管理し、いつでもオファーができる状態を作れます。

求職者の管理・オファーだけに留まらず採用管理システムとして、職者の状況に合わせて最適なタイミングで自動的にメールを送信できる機能や、求職者との個別チャット機能があります。

有料プランは月額2万円から利用することができ、200名までの候補者をデータベースに登録することが出来ます。デモアカウントとして15日間無料で利用も可能です。

様々な機能を備えており、タレントプールを始めるにあたり有効なツールの一つでしょう。

タレントプール採用管理システム|Talent Cloud SaaS|メール配信・候補者トラッキング

CaLin

fatchのイメージ画像

出典:CaLinトップページ

『CaLin』は、候補者が気軽に企業へ興味や関心を示すことができるサービスです。

企業側は、「つながる」ボタンを採用ページに追加するだけで簡単にタレントプールを始めることが可能です

また、「応募」ボタンではなく、「つながる」ボタンのため、すぐに応募できる状況でない候補者や、会社に興味を持っている候補者と気軽に連絡をとる機会を作れます。

タレントプール登録用のリンクを自社採用サイトに設置することが出来れば、無料で利用することができるため(2020年5月12日現在)、自社採用サイトをお持ちの企業におススメです。

タレントプール採用プラットフォーム CaLin(キャリン)

Talentio Hire

Talentio Hireのトップページのキャプチャ

出典:Talentio Hireトップページ

『Talentio Hire』はタレントプールを活用できる採用管理システムです

自動化に力をいれているため、オファーメールの自動作成や面接などの日程調整を行う際には、日時を選択するだけで日程調整用のURLを発行できます。

また、『Talentio Hire』はデータ分析にも力を入れており、採用プロセスのデータを集計し、各求職者の状況をグラフで可視化することが可能です。

有料プランは3つあり、スタンダードプランは月額20000円(年間契約料)で200名までの候補者管理が行えます。

月に最大50名まで候補者を登録できる無料プランもありますので。採用予定人数が少ない企業や、とりあえずタレントプールを試してみたい企業におすすめです。

Talentio Hire | 採用管理システム Talentio | 戦略人事のパートナー

キャリトレ

キャリトレのトップページのキャプチャ

出典:キャリトレTOPページ

『キャリトレ』は、CMでお馴染みの株式会社ビズリーチ様が運営する、若年層に特化したダイレクトリクルーティングサービスです。

気になる企業に対してボタン一つでアピールすることができ、企業とマッチすれば、メッセージのやりとりが可能です。

また登録している候補者の職務経歴書や行動データなどから自社の求人に合う候補者をデータベースの中から抽出するため、マッチ度の高い求職者にオファーを送ることが可能です。

ダイレクトリクルーティングサービスは、今すぐ転職を考えていない優秀な人材も多く登録しており、タレントプールのツールとして使うのも一つの手です。

<企業様向け>若手優秀層の採用ならキャリトレ

ダイレクトリクルーティングを含めた採用手法について、以下の記事で解説しています。
【2020年の採用トレンド】流行りの採用手法で、応募数アップと定着率改善へ

LiBzCAREER(リブズキャリア)

LiBzCAREERのトップページのキャプチャ

出典:LiBzCAREERトップページ

LiBzCAREERは、女性人材データベースの中から直接候補者を検索できるダイレクトリクルーティングサービスです。

カルチャーマッチングシステムを搭載しており、企業のカルチャーと候補者のパーソナリティーがマッチしているか比較をし、マッチングするというシステムです。カルチャーを設定することで、企業に合う候補者に求人が表示されやすくなり、「興味あり」や「応募」ボタンを押す候補者が増える傾向にあります。

女性をターゲットとして採用活動を行っている企業におすすめです。

LIBzCAREER | トップページ

まとめ

タレントプールを活用すると手間や時間を要することもありますが、低価格で工数も少なく効率的な採用活動が期待できます。

無料で始められるツールもあるので、一度タレントプールを試してみてはいかがでしょうか。

タレントプールも試してみたいが、そもそも自社採用サイトがない企業や応募者管理の工数の多さに参っている採用・人事担当者もいらっしゃるのではないでしょうか

そんな場合は、求人作成から採用管理を含めたタレントプール機能まであらゆる採用工数を効率化する『採用係長』の導入がおすすめです。

月額訪問者数3,000万人以上(2020年1月時点)を誇るIndeedをはじめ、最大7つの求人検索エンジンに連携できたり、応募者を一括管理することができたり、使い方によってはタレントプールを行うことも可能です。

タレントプールを無料で始められる『採用係長』の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

阿田 夏子

阿田 夏子

2019年8月よりカスタマーサクセスに所属。CSについて日々勉強中です。趣味は国内外問わず旅行をすることです!

PAGE TOP