人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

成果報酬型の採用サービスとは?代表的な求人・転職サイトをご紹介

[公開日]2020.12.18
[更新日]2020.12.18
成果報酬型 採用サービス

人材を採用するときに利用する求人サイトを決める際、「成果報酬型」といったキーワードを目にしたことがある方も多いでしょう。

成果報酬型とはその名の通り、発生した成果に対して報酬が発生する仕組みのことを指しますが、なにを成果と取るかはサービスごとに異なります。

そこで今回は、成果報酬型の採用サービスについてわかりやすくまとめてみました。

採用における成果報酬とは

「成果報酬」とは、依頼側が求めた成果に対して一定以上の結果が出た場合に報酬が支払われる仕組みのことを指します。

採用活動における「成果報酬型」とは、求人活動において何かしらの成果が出た時点で費用が発生するシステムのことを指し、初期費用や掲載料が無料であるケースがほとんどです。

また、成果報酬型の採用サービスはいくつかの種類に分けられます。

成果報酬型採用サービスの種類

成果報酬型採用サービスは、主に以下の3つに分類されます。

それぞれについて見ていきましょう。

人材紹介

人材紹介サービスの多くは成果報酬型を採用しており、初期費用は無料となっています。

人材採用においてノウハウや経験が豊富なコンサルタントがフォローしてくれるため、採用自体に不慣れな企業などに人気がある手法といえるでしょう。

また、コンサルタントが採用にかかる工程の多くを担ってくれることから、採用担当者の負担も少なく済みます。

その一方で、コンサルタントに対して支払う人材紹介手数料が発生するなど、他のサービスに比べて割高である点に注意が必要です。

人材紹介サービスを利用する際は、担当コンサルタントが自社の属する業界に精通している人を選ぶことはもちろん、採用担当者との相性も確認しましょう。

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングとは、比較的最近登場したタイプの採用手法です。

人材紹介サービスが保有するデータベースなどをもとに、企業が直接求職者へアプローチする手法を指します。

これまで応募があるのを待つだけだった受け身の採用スタイルとは異なり、攻めの採用スタイルだといえるでしょう。

ダイレクトリクルーティングが登場した背景として、少子高齢化に伴い労働人口の減少が問題となっていることが挙げられます。

そうした状況下では有効求人倍率が高いわりに応募数が少なく、自社に見合う人材を見つけることが困難です。

そうした状況を打破すべく、採用コストを抑えて優秀な人材を採用できるダイレクトリクルーティングという手法が生まれました。

日本ではまだ知名度が低いものの、今後ますます注目される手法の一つだといえるでしょう。

求人広告(成果報酬型)

一般的に求人広告といえば、広告を掲載したことに対して対価を支払うケースがほとんどです。

しかし近年では、掲載料を無料とする代わりに成果報酬を採用している求人サイトが増えています。

後述する求人サイトのうち、特に「マッハバイト」や「Indeed」がそういった傾向を有しています。

報酬システムの種類

報酬システムには主に、

  • 採用課金
  • 応募課金
  • クリック課金

といった3つの種類があります。
ここではそれぞれの特徴について見ていきましょう。

採用課金

採用課金とは、その名の通り採用を確認してから課金が発生するシステムを指します。

一般的には応募してきた求職者に対し、採用時お祝い金などを提供することで採用を把握します。なお、採用時のお祝い金は求人媒体によって異なり、数千円から数万円ほどの費用が発生するため利用前に複数の媒体を比較検討するようにしましょう。

他の優良求人媒体の中には、求人広告を載せるだけで費用が発生することも少なくありません。しかし、採用課金型であればそうした心配がないため、採用にかけるコストをなるべく抑えたい企業におすすめです。

注意点として若干名の募集には向いていますが、採用予定人数が多い場合には採用のたびにコストが発生することになるので、採用費が膨らむ原因となる恐れがあります。

そのため、採用予定人数と採用活動にかかる予算のバランスをきちんと見極めることが大切です。

応募課金

応募課金は、求職者から応募があった時点で課金が発生するシステムのことです。

採用課金型と異なり応募した時点で費用が発生するため、そこから先のスケジュール管理がしやすいことに加え、採用コストを把握しやすいこともメリットだといえます。

採用課金型と比べて広告効果は高い一方で、応募があっただけで費用が発生することから、採用コストをあまりかけられない企業には適さない手法だといえるでしょう。

また応募課金型のデメリットとして、応募があったもののキャンセルになった場合や、志望度合いが低い人から応募があった際に、対費用効果が見込めない点が挙げられます。

昨今ではそうしたコストの無駄を防ぐため、応募の除外申請が可能な媒体も増えていますが、利用する前はしっかりと確認しましょう。

クリック課金

クリック課金はインターネット広告でよく見られる課金方法のひとつで、求人広告がクリックされたタイミングで課金が発生する仕組みです。

クリック課金を取り入れている代表的な求人サイトとして、Indeedが挙げられます。

クリック課金を採用しているIndeedでは、ユーザーの検索結果上に表示された求人広告がクリックされるたびに費用が発生し、その費用は事前にチャージした金額から支払われます。

クリック課金のメリットとして、広告費と成果が比例しやすく、クリックしたあとにユーザーがどのページを訪れたのかを分析し採用活動に活かせるでしょう。

その反面、求職者からクリックされるように工夫して広告を制作する必要があります。

また、クリック率が思うように伸びない場合、分析を行い都度改善していく手間がかかるでしょう。

代表的な成果報酬型の求人・転職サイト

成果報酬型の報酬システムについて理解したところで、ここでは代表的な成果報酬型の求人・転職サイトをいくつかご紹介します。

ビズリーチ

『ビズリーチ』は採用課金型の求人サイトで、ハイクラスな人材を国内最大級の規模で抱えていることでも知られています。

また、自社が求める人材をデータベースから直接検索できるので、欲しい人材に容易にアプローチが可能です。

転職サイトの中には初期費用が生じるところもありますが、ビズリーチでは初期費用がかかりません。

システム利用料の85万円(6カ月契約)に加え、入社時の成功報酬(理論年収の15%)を支払う料金携帯となっています。

半年で85万円かかることを割高と取るか、安いと取るかは個々の判断によりますが、サービスの質と利用している人材の能力の高さには定評があるのも事実です。

GREEN

『GREEN』はITおよびWeb経験者の採用に特化した採用課金型の求人サイトで、登録者の約8割が若手層であることも特徴です。

『ビズリーチ』と同じく、登録者データベースから自社が求める人材を直接探し出すことができ、求職者へのアプローチ数に制限はありません。

『GREEN』ではビズリーチと異なり利用プラン別に既定の初期費用が必要ですが、成功報酬は勤務地別の固定金額となっています。

経験者を採用した場合であっても一律料金であることから、コストを抑えた人材採用が可能です。

キャリオク

『キャリオク』は2019年4月にスタートした、比較的新しい応募課金型の求人サイトです。

求人票を見て求職者が企業に応募するのではなく、求職者が記入したレジュメをもとに企業側からオファーをします。

登録後、すぐにデータベースから求職者情報を閲覧できることに加え、データベースの利用料は不要です。

キャリオクには企業側から求職者に面接の依頼するスカウトのほか、求職者が自分の経歴等をオークションに出品し、それを見た企業が落札するオークションといった2つの採用形態があります。

上記2つの採用形態別に料金が異なり、いずれも企業からのオファーに対して求職者が承諾した時点で課金が発生します。

マッハバイト

『マッハバイト』は、アルバイトおよびパートの採用に特化した応募課金型の求人サイトです。

20代から30代の若年層に強く、業界最大級の登録者数を誇っています。

『マッハバイト』では掲載課金と応募課金と2つの料金形態をとっており、応募課金プランは初期費用0円で利用可能です。

応募課金プランにおける採用料金は都道府県や拠点数によって異なりますが、比較的良心的な価格設定となっています。

Indeed

『Indeed』はクリック課金型の求人サイトで、求人広告がクリックされた時点ではじめて広告費用が発生します。

事前に掲載予算をチャージし、広告がクリックされるたびにそこから取り崩されていきます。

クリック単価は職種やエリアをはじめとした競合性の高さによって常に変動しており、クリック単価が決定したあとも表示回数や応募率などの推移を見て広告や求人ページの調整を行うとよいでしょう。

クリック課金型の求人サイトは料金形態がいまひとつわかりにくいため、活用する場合はサポート体制が整っている採用支援サービスを利用することをおすすめします。

まとめ

今回は成果報酬型の採用サービスについて、代表的な求人・転職サイトを交えてお伝えしました。

採用係長』では採用サイト作成から応募者集客までをサポートしていることに加え、Indeedへの広告掲載や求職者の集客に対するサポートも行っています。

些細なことでも構いませんので、なにかお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

織瀬ゆり

織瀬ゆり

某信託銀行退職後、フリーライターとして独立。宅建士およびFPなど複数資格を所持しており、金融や不動産ジャンルを中心に幅広いジャンルで執筆活動を行っています。プライベートでは2児の母として育児に奮闘中。

PAGE TOP