人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

【飲食店・小売店向け】従業員のシフト管理を効率化したい!おすすめのシステム7選

[公開日]2020.07.30
[更新日]2020.07.30
シフト管理 おすすめ7選

過不足なく人員を配置し、ベストな店舗運営をおこなうために重要なシフト管理。 店舗の運営とスタッフの要望を調整しながら、毎月のシフト作成や管理に苦労している店長や管理者は多いのではないでしょうか。

しかし、シフト管理システムを導入することで煩雑なシフト管理業務を自動で簡単にできます。

今回は、飲食店や小売店におすすめしたいシフト管理システム7選とそれぞれの特徴やメリットをまとめてご紹介します。ぜひ、導入する際の参考にしてください。

シフト管理は手間と時間がかかる!

アルバイトやパート雇用のスタッフが多い飲食業や小売業では、多くの店舗でシフト制の勤務形態を導入しています。

そのため、毎月スタッフ全員の要望とスキルを考慮しながらシフトの作成や調整をおこなう必要がありますが、スタッフによって勤務日数や勤務時間が異なれば、それぞれの勤務時間や休憩時間が労働基準法に反していないかどうかの確認も必要です。
忙しい店長や管理者にとって、シフト管理業務に費やす手間や時間の負担は大きく、スタッフの人数が多いほど煩雑な業務です。

このように複雑なシフト管理業務をExcelシートやGoogleカレンダー、手書きなどの紙ベースなどで管理している場合は、シフトの抜け漏れやスタッフへの周知遅れなどさまざまな人的ミスが発生する恐れがあります。

しかし、シフト管理システムを導入すれば

  • シフトの自動作成
  • パソコンやスマートフォン上でのシフト提出や共有
  • 勤怠管理

など、これまで人力でおこなっていた煩雑な業務を大幅に削減し、効率化を図れます。

シフト管理システム導入のメリット

シフト管理システム導入のメリットとして、下記の8つが挙げられます。

  1. シフト表の作成を自動化できる
  2. シフト管理者の業務負担や人的ミスを軽減できる
  3. シフト管理業務全般を短縮できる
  4. パソコンやスマートフォン上でいつでも管理ができる
  5. オンラインでのシフト提出でスタッフの負担を軽減できる
  6. 人員配置の可視化によって人員過剰を抑え人件費を削減できる
  7. 給与計算や勤怠管理を自動化できる(※給与計算システムや勤怠管理システムと連携している場合)
  8. 不正打刻を防止できる(※タイムカード機能があるシステムの場合)

おすすめのシフト管理システム7選!

効果的なシフト管理システムを導入するためのポイントは、店舗の状況やシフト管理業務の課題を明確にすることです。そのうえで、店舗に必要な機能を備えたシステムを選びましょう。

たとえば、複数の店舗を持つ飲食店や小売店の場合、他店舗と連携できるシステムを導入すれば、急な欠員が発生したときに他店舗から欠員補充しやすい体制を構築できます。さらに、勤怠管理システムや給与計算システムなどの人事システムと連携すれば、店舗の業務全般を効率化できます。

今回は、飲食店や小売店のシフト管理におすすめの機能を持つえりすぐりのシフト管理システム7つをご紹介します。

Fooding Journal

Fooding Journal画像出典:飲食店 勤怠管理システム -Fooding Journal-

外食企業で働くユーザーの意見をもとに開発された飲食業向けの勤怠管理システムです。 シフト管理のほかに、代理打刻などの不正防止機能や便利なWeb給与明細機能を搭載。

時間外手当や深夜手当などを加算した店舗人件費も簡単に計算表示され、人件費の予算を考慮しながら適正なシフト表を作成したい店舗におすすめのシステムです。

jinjer 勤怠

jinjer 勤怠画像出典:勤怠管理・シフト管理システムのjinjer

シフト管理はもちろん、採用・勤怠・人材管理などの人事領域に関する業務を一貫して管理できるシステムです。
国内の給与管理システムとの連携も可能で、勤怠管理は顔認証・GPSなどの多様な打刻機能を搭載。出退勤打刻の際に写真を撮り、勤怠情報と連動してスタッフのモチベーションが7段階で表示される機能も備えています。

Sync Up(シンクアップ)

Sync Up(シンクアップ)画像出典:Sync Up(シンクアップ)/シフトの作成と調整がさくさく進む、シフト管理システム

複数店舗のシフトをまとめて管理できます。各店舗のシフトが一括で閲覧できるため、人件費目標を超えている店舗や店舗運営に十分な人員が揃っていない店舗も一目で見つけられます。

「ヘルプ調整・募集シフト」機能により、人手が余ったときの他店への応援やヘルプ要請が画面上で完結します。作成したシフト表はスタッフのアプリに即通知されるため、迅速なやりとりが可能です。

シフオプ

シフオプ画像出典:シフト作成・シフト管理サービスの「シフオプ 」|リクルート社提供

希望出勤日の回収からシフト表の作成、タイムカード機能による勤務時間の管理までを一元でおこなうことができます。スタッフを補充したい場合は、一斉送信メールでヘルプを送信することができるため急な人手不足にも迅速に対応できます。 また、労働基準法に則って勤務時間を超過しそうになった時にアラートが出るため、労務コンプライアンスの強化に繋がります。

MAIDO SYSTEM

MAIDO SYSTEM画像出典:MAIDO SYSTEM 勤怠管理

現場目線で開発された飲食店売上管理システムです。シフト作成からタイムカード、給料明細の発行までトータルにサポート。タイムラインモードでシフトを表示すれば、シフトが集中している時間帯や人手の足りない時間帯を一目で確認できるほか、シフトが確定すれば予想人件費のボタンをクリックするだけで一発計算できます。

勤怠もタイムカードアプリを使えば、交通系ICカードや携帯電話でスマートに打刻でき、不正も防止できます。

Rshift(アールシフト)

Rshift(アールシフト)画像出典:店舗シフト管理システムの決定版! | アールシフト(R-Shift)

世界最高速の数理最適化エンジンを搭載し、小売業やサービス業の店舗で必要な機能を備えた店舗形態のシフト管理に特化したシステムです。
レイバースケジューリング(LSP)理論や統計分析手法、数理最適化手法などを活用し、シフト管理の高度化を図ります。MH(ManHour)管理の手法でムリ・ムダ・ムラの最も少ない効率的なシフトを作成できるほか、作業量や来客数に応じて必要な人員数の計算や割り当ても可能です。

Shiftee

Shiftee画像出典:シフト管理システム | SHIFTEE シフティ スマホ・タブレット対応

小売業や飲食業、コールセンターや宿泊施設などあらゆる業種の管理に対応し、要望や改善を組み込んだ使いやすいツールです。 事前に入力したスタッフのスキルを確認しながら効率的にシフト表を作成できるほか、LINEの返信からシフト表に反映させる機能や、メールで確定したシフトを従業員に一斉送信する機能など、複数人のスタッフの希望を調整する管理者に役立つ機能が搭載されています。さらに、複数の店舗を横断してシフトを調整できるため店舗間での人員調整もスムーズです。

まとめ

慢性的な人手不足に悩む飲食業や小売業にとって、シフト管理の効率化は大きな課題の一つと言えるでしょう。シフト管理システムを導入すれば、初期費用やランニングコストなどの出費は増えてしまいますが、煩雑な管理業務を自動化・効率化することで生産性を向上させ、時間も有効的に活用できます。 今回ご紹介したシフト管理システム7選を参考に、自社に適したシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

アルバイト・パートの採用業務効率化には「採用係長」がおすすめ!

採用係長トップ

シフト管理システムと併せて採用管理システムを導入すれば、アルバイト・パートの採用から人的管理までを一元で効率化できます。 この機会に、月々の費用を抑えられるこちらのプランをぜひご活用ください。

コロナ復興プランバナー

この記事を書いた人

K.Okamoto

K.Okamoto

ネットオン(採用係長)広報。採用係長のお知らせから採用に役立つ情報までお届けします。

PAGE TOP