Indeedの管理画面へログインする方法とは?

3行でわかる!この記事の要約
  1. この記事を読むと、Indeedの管理画面へのログイン方法が理解できます。
  2. パスワードを忘れてしまった場合でも、メールアドレスを入力しパスワードの再発行をおこなうことができます。
  3. 複数サイトのログイン情報の管理が大変だという方は、Indeedを始め最大6つの求人サイトを一括管理できる採用係長のご利用をオススメします。

今回はIndeedに登録をおこなったが、「まだログインをしていない」「ログイン方法がわからない」という人事・採用担当者様に向けてIndeedへのログイン方法をご紹介します。

Indeed(インディード)と検索

はじめにブラウザを開き、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンから「Indeed」または「インディード」のキーワードを入力し検索します。

以下URLからログイン可能です。

IndeedログインURL
https://jp.indeed.com/

Indeedに求人広告を掲載したい方へ

採用係長は、作成した採用サイトをIndeedをはじめとする最大6つの検索エンジンにワンクリックで連携できます。
求人掲載が無料で始められる「採用係長」。ぜひ一度お試しくださいませ。

最短2分で登録完了!無料体験を始める

採用係長とは?

「採用係長」は採用サイト作成から応募者集客まで対応した採用サイト作成ツールです。

採用サイトの作成が誰でも簡単に!
ponit1

採用サイトの作成が
誰でも簡単に!

求人検索エンジン6つへ一括連携!
ponit2

求人検索エンジン
6つへ一括連携!

応募情報をまとめて一括管理!
ponit3

応募者情報を
まとめて一括管理!

採用係長について知りたい方はこちらから

https://saiyo-kakaricho.com/

仕事探し | Indeed (インディード)をクリック

blank

検索エンジンから検索をかけると「仕事探し | Indeed (インディード)」のリンクが表示されますので「求人広告を掲載」をクリックします。

ページ右上の「ログイン」をクリック

blank

リンクをクリックするとIndeedサイトへと遷移しますのでページ右上の「ログイン」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力

blank

メールアドレスとパスワードを入力する画面がでてきますので、アカウント登録時の情報を入力し、ログインをクリックします。

※「ログインしたままにする」にチェックを入れておけば、次回からメールアドレスとパスワードを入力する手間が省けるため、頻繁にログインする場合はチェックをいれておきましょう。

パスワードを忘れてしまった場合は、下部に表示されている「パスワードをお忘れですか?」のリンクからIndeedアカウントに登録したメールアドレスを入力し、パスワードの再発行をおこないます。

また、GoogleやLINE、Facebookなどの他サービスを利用しアカウント登録している場合、「または」の次に表示されている「Googleでログイン」などのボタンをクリックするとログインできます。

サイト内にてメールアドレスが右上に表示されていればOK

blank

画面右上の人物アイコンをクリックしてメールアドレスが表示されていれば、無事にログイン完了です。

※アカウント情報の入力が未完了の場合は、基本情報を入力する欄が出てきますので、
 表示された項目内容を入力し登録完了となります。

求人票や応募者の管理をする

ログイン画面では「概要」「求人」「応募者」「オリジナル採用ページ」のタブが用意されており「求人」をクリックすれば求人の管理画面に遷移、「応募者」では応募者の管理画面に遷移します。

「求人」のタブでは、求人の掲載ステータスや原稿内容の変更、閲覧数や求人に対する応募人数を簡単に確認できます。

「応募者」のタブでは応募者の確認や面接日の設定、求職者へのメッセージなどを管理画面で一括におこなえ、採用業務にかかる工数を削減することができます。

※関連記事はこちら
【Indeed】応募者管理機能の特徴と使い方|無料で使えて高機能って本当?

まとめ

今回はIndeed(インディード)の管理画面へのログイン方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

Indeedは抜群の知名度を誇る求人サイトで、無料で求人の掲載が可能です。
この機会にIndeedへの求人掲載をご検討いただいてみてはいかがでしょうか。

また、当社の採用マーケティングツール「採用係長」ではIndeedを始め最大6つの求人サイトに連携できます。各連携先から応募があった場合でも「採用係長」管理画面より応募者の管理を一括におこなえて、それぞれの連携先への登録は不要です。

多くの検索エンジンへの掲載を検討されている場合はぜひ、「採用係長」にご利用ください。

→まずは無料登録から『採用係長

採用係長については、下記の記事で詳しく解説しています。
採用係長とは? 採用係長でできることを詳しく解説。導入事例や評判も紹介します

同じカテゴリ内の人気記事

2分で求人票を作成!無料体験を始めるblank