Indeedのアカウントの削除方法を解説!

Indeedにアカウントを作成してみたけれど、長い間使わずに放置しており削除を忘れていた。」
Indeedでのアカウントを削除し他の方法で採用を行うことになった。」
「廃業したためそもそも採用が必要なくなった」

上記のように、さまざまな理由でIndeedアカウントを削除したいが方法が分からない。という企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はアカウントの削除方法についてご紹介します。

Indeedのアカウントを削除する方法

Indeedのアカウントを削除したい場合、Indeedのクライアントサクセスチームにリクエストを送信する必要があります。

以下URLよりログインを行い、必須項目を入力のうえアカウントを無効のリクエストを送信しましょう。
お問い合わせ|Indeed

Indeedに求人広告を掲載したい方へ

採用係長は、作成した採用サイトをIndeedをはじめとする最大6つの検索エンジンにワンクリックで連携できます。
求人掲載が無料で始められる「採用係長」。ぜひ一度お試しくださいませ。

最短2分で登録完了!無料体験を始める

採用係長とは?

「採用係長」は採用サイト作成から応募者集客まで対応した採用サイト作成ツールです。

採用サイトの作成が誰でも簡単に!
ponit1

採用サイトの作成が
誰でも簡単に!

求人検索エンジン6つへ一括連携!
ponit2

求人検索エンジン
6つへ一括連携!

応募情報をまとめて一括管理!
ponit3

応募者情報を
まとめて一括管理!

採用係長について知りたい方はこちらから

https://saiyo-kakaricho.com/

Indeedにクローリングしている求人の場合は元の求人票を削除するだけ

ハローワークや求人サイト、自社サイトなどからIndeedに求人情報をクローリングしている場合は元の求人票を削除するだけでIndeed上に掲載されなくなります。

ただし、削除の反映には時間がかかる場合があるため注意が必要です。

※関連記事はこちら
Indeed(インディード)と自社サイトの連携メリットとクローリング方法を解説

Indeedのアカウントを削除する際の注意点

求人情報や履歴を閲覧できなくなる

Indeedのアカウントを削除する際に気を付けなければいけないことは応募者や求人票の情報が全て削除され、閲覧できなくなることです。

本当にアカウントを削除しても問題はないか?応募者や求人票の情報で控えておくものはないか?など十分に検討してから削除することをおすすめします。

有料掲載で料金をチャージしていた場合、払い戻しはできない

「スポンサー枠」としての有料掲載を行っていて、料金をチャージしていた場合、アカウントを削除してしまうと払い戻しができなくなってしまいます。そのため、広告費がまだアカウントに残っている場合は求人票の公開を一度停止し、再度採用が必要になった際に公開してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はIndeedアカウントの削除方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

採用を一時停止されたい場合は求人票の公開を停止することも可能ですので、Indeedアカウントをなぜ削除されたいのか?をよく考えたうえでアカウント削除、求人票の公開停止、求人票の削除など適切なものを選択していただければと思います。

当社のクラウド採用管理システム「採用係長」では作成した求人を公開いただくことでIndeedに掲載できる連携機能を用意しております。
「採用係長」で求人を管理することで公開設定や連携設定、求人の削除も簡単に行えますので、この機会に「採用係長」でのご利用も検討いただけますと幸いです。

まずは無料登録から『採用係長

採用係長については、下記の記事で詳しく解説しています。
採用係長とは? 採用係長でできることを詳しく解説。導入事例や評判も紹介します

同じカテゴリ内の人気記事

2分で求人票を作成!無料体験を始めるblank