人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

Indeedエントリーとは?活用して応募を促進しよう!

366 views
[公開日]2021.01.29
[更新日]2021.01.29
Indeed エントリーとは

テレビCMや「仕事探しはIndeed」のフレーズで知られ、圧倒的な知名度を集めている『indeed』は、1ヵ月あたり 2 億 5,000 万人以上のアクセス※を集める、世界No.1の求人検索エンジンと言われています。

※Google Analytics ユニーク・ビジター数 2018 年 9 月

そんな高い知名度を誇るindeedですが、特徴的な機能の1つに「Indeedエントリー」と呼ばれる、求職者からの応募ハードルを下げ、応募数の向上が見込めるようになる機能があるのはご存知でしょうか?

今回は、知られているようであまり知られていない「Indeedエントリー」の仕組みから導入方法まで、簡単に解説していきたいと思います。

Indeedエントリーとは

Indeedエントリーとは、求職者がパソコン・スマートフォン・タブレット から、手持ちの履歴書を添付するだけで、素早く求人へ応募ができるようになる応募方法です。

前提として、今日では世界中の求人検索の約45% が、スマートフォンなどのモバイル端末から行われています。そのため、求人応募をモバイル端末からの応募に最適化させることで、これまで「求人票をモバイルから閲覧できていたが、モバイル応募非対応で、応募までできなかった求職者」に対しても訴求ができるようになるため、応募数の向上が見込めるようになります。

設定方法については非常に簡単で、「Indeedの企業アカウントより直接求人を投稿する」と、自動的にIndeedエントリーが適用されるようになります。

Indeedエントリーを活用するメリット

求職者の応募プロセスの簡略化

Indeedエントリーを導入すると、求職者は「名前」と「メールアドレス」の2つの情報を入力するだけで応募ができるようになります。難しい操作をおこなわず手軽に応募ができるようになるため、求職者側はより手軽に応募ができ、企業側は応募数の向上に伴い、より多くの求職者との接触機会を得られます。

検索結果画面上で目立ちやすい

Indeedエントリーに対応している求人には、「▶この求人に簡単応募」といった、独自の表記タグが表示されるようになります。これにより、検索結果画面上で、どの求人がIndeedエントリーに対応しているかが一目瞭然となるので、他企業の求人との差別化を図ることができます。

あらゆる端末から応募が可能

前述したように、Indeedエントリーを導入することにより、パソコン・スマートフォン・タブレットといった、あらゆる端末から簡単に応募ができるようになるため、求職者の応募のハードルを下げられます。

「Indeed カンタン応募」か「Indeed 履歴書応募」を選択しよう

Indeedエントリーは、より厳密にまとめると、求職者が履歴書添付なしでも応募ができる「Indeed カンタン応募」と、履歴書添付必須の「Indeed 履歴書応募」と、2つの種類に分けられます。

Indeed カンタン応募(履歴書不要)

「名前」と「メールアドレス」の情報のみで応募できる設定です。
近年の求職者は履歴書を送付しなくても応募ができる求人を好む傾向があるので、アルバイト・パートを募集する際や、とにかく応募数を増やしたい方におすすめの応募方法です。
※上記に加え、任意で独自の質問項目を設定することも可能です

Indeed 履歴書応募(履歴書必須)とは

「履歴書の提出」と「追加質問項目への回答」が必須となる設定です。
応募と同時に、詳細な応募者情報の収集が可能となるため、職務履歴などの情報を必要とする正社員を募集する際や、応募者選考の効率を上げたい方にオススメの応募方法です。
※上記に加え、任意で独自の質問項目を設定することも可能です

参考:Indeed エントリーについてより詳細な情報は以下から問い合わせが可能です
https://indeed.force.com/employerSupport2/s/contactsupport?language=ja

まとめ

以上、今回は求職者からの応募数アップが見込める「Indeedエントリー」について解説してみました。導入の方法としても難しくないうえに、簡単に応募数を増やせる施策の1つですので、まだ設定されていない方は是非この機会に設定いただければと思います。

最後とはなりますが、弊社より1つご紹介です。
弊社ではネット上であらゆる職種・雇用形態の求人票の作成を自由に行えて、その後の応募者対応まで一括管理できるシステムツール『採用係長』を提供しております。

『採用係長』では、ボタン1つでIndeedをはじめとした最大6つの求人検索エンジンへ作成した求人を連携できるだけでなく、今回ご紹介した「Indeedエントリー」の形式で自動的にIndeedへ掲載がされるようになります。

その他にも、応募者へのメッセージテンプレートや、Web面接ツールなど、便利な機能も数多くありますので、今後の採用戦略の1つとして、まずは気軽にお試しください。

この記事を書いた人

Yusuke.H

Yusuke.H

カスタマーサクセスチーム所属。普段は顧客の採用成功のお手伝いをしていますが、シーズンによっては新卒採用を兼任しています。映画・ドラマ・ゲーム・アニメの音楽を聞くのが好きすぎるあまり、今では部屋に600枚のCDがあふれてます。何とかしなきゃ…。

PAGE TOP