人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

飲食店の採用成功には採用サイトが超重要!

[公開日]2020.05.28
[更新日]2020.09.11
飲食×採用サイト

あらゆる業種のなかでも、特に採用活動が難しいといわれる飲食業界。離職率が高く従業員が定着しにくいことから、多くの飲食店舗で慢性的な人手不足や採用難が課題となっています。しかし、最適な人材を採用できれば従業員の定着率や離職率は改善できるでしょう。

そのためには、自社の採用サイトを作り「欲しい人材に出会うための情報発信」と「選ばれるための情報発信」を行っていくことが重要です。
採用サイトは求人情報や採用条件を伝えるほかに、仕事の魅力や働くメリット、他社との優位性を求職者にアピールするための有効な手段です。

今回の記事では、飲食店の採用サイトを作るときに考えたいポイントやカンタンに作る方法をご紹介します!

採用サイトが重要な理由

なぜ飲食店の採用成功に自社の採用サイトが必要なのでしょうか?
答えは、効率良く欲しい人材に出会い、欲しい人材に働き先として選んでもらうためです。

そのためには、自社主体で情報発信を行う必要があります。

自社の採用サイトは、求職者に伝えたいメッセージを発信するために重要なツールです。
店舗の情報はもちろん、会社の理念や価値観、仕事の魅力や働くメリットなどをしっかりと伝えることで求職者の理解を深め、共感を呼び、人材獲得につなげることができます。
また、採用後のミスマッチを減らし、入社後の定着率向上も期待できるでしょう。

欲しい人材に出会うため、選ばれるための採用サイトを作ろう!

はじめに、採用サイトを作る前に考えておくべきことや必要な項目について解説します。

採用サイトを作る前に考えるべき3つのこと

欲しい人物像を明確にする

採用後のミスマッチを防ぐために、欲しい人物像(ペルソナ)を明確にして採用基準や募集要項を設定しましょう。

人物像の作り方については以下の記事で解説しています。
採用ミスマッチを回避!ペルソナを活かした求人票の作り方とは?

「仕事の役割」と「必要なスキル」を明確に記載する

募集要項には、

  • 勤務地
  • 勤務時間・シフト
  • 雇用形態、給与
  • 社会保険、福利厚生
  • 仕事内容の詳細

について記載しましょう。
特に仕事内容については、「仕事の役割」と「必要なスキル」を明確にすることで求職者とのマッチング精度が向上します。

自社の価値観や魅力、働くメリットを記載する

採用サイトに自社の価値観(制度・社風・文化)や魅力、働くメリットなどを記載しましょう。

  • どのようなことを大切にしている会社なのか
  • どんな人が働いているのか
  • どのような文化や制度があるのか

これらを正確に伝えることで求職者が自社の価値観に合うかどうかを判断でき、採用後のミスマッチ防止に繋がります。

掲載するべき必須コンテンツは5つ

コンテンツの数や情報量が多すぎると全ての内容を読んでもらえず、本当に伝えたいメッセージが届かないこともあります。
そうならないために、欲しい人材(求職者)に伝えたいことは何かを考え、5つの必須コンテンツに絞ってメッセージを反映させましょう。

募集要項

募集要項はできる限り詳しく記載しましょう。
求人のアピールポイントや特徴(研修あり、未経験者OKなど)、働く人や職場(店舗)の雰囲気をイメージできる従業員の写真や動画を盛り込むことをおすすめします。
複数の職種で求人募集をしている場合は、それぞれの職種のPR文と働いている従業員の写真や動画、メッセージを掲載すると良いでしょう。

「募集要項」の必須項目

  • 募集条件
  • 募集している職種
  • 仕事内容
  • 雇用形態
  • 給与
  • 勤務時間・シフト
  • 勤務地
  • 休日
  • 保険
  • 研修制度や福利厚生
  • 企業情報・店舗情報

    +

  • 求人のPR(アピールポイント)
  • 求人の特徴(研修有り、未経験者OKなど)
  • 従業員や職場(店舗)の雰囲気が分かる画像や採用動画を掲載
  • まかない・食事補助ありなど
会社(店舗)PR

どのような会社(店舗)なのかを伝えるために、経営理念や価値観、仕事の魅力や働くメリットなどを織りまぜたPR文を作成しましょう。
例えば、研修制度が整っていて未経験でも挑戦出来る環境が自社の魅力である場合は、

「キッチンスタッフとして入社後、研修期間を経て最短2年で副料理長になった社員がいる」

などの具体的な事実を記載することで「働く環境や働き方」を応募の基準にしている求職者にとって大きな魅力となるはずです。

代表メッセージや従業員インタビュー

代表のメッセージや実際に働いている従業員のインタビュー(動画)は、会社の雰囲気や働くイメージを掴みやすく、適合する人材の入社意欲を高める効果があります。

採用動画を活用するメリットについては、以下の記事で解説しています。
採用動画を活用する4つのメリット【2020年版】実際にある採用動画で効果を解説 

選考プロセス

応募してから面接〜採用に至るまでの選考プロセスについても記載しておきましょう。
どのように選考が進み、いつ頃入社できるかについては求職者が知りたい情報の一つです。

会社概要

会社概要(店舗の情報)は必ず記載しましょう。会社の規模や具体的な事業内容を理解してもらうために必要な基本情報です。

採用サイトを作る方法は?

採用サイトを作る方法は、主に3つあります。

①自社(自分)で制作する
カンタン度:★☆☆☆☆

②サイト制作会社に依頼する
カンタン度:★★★☆☆

③採用管理システム(ATS)を導入する
カンタン度:★★★★★

この3つのうち、費用をかけず一番カンタンに採用サイトを作成する方法は、採用管理システム(ATS:Applicant Tracking System)を導入する方法です。
自社(自分)制作やサイト制作会社に依頼する場合は、ある程度の制作時間やWeb知識が必要なことや制作費用が高いといったデメリットがあるためです。
採用管理システムを導入して採用サイトを作る方法については、このあと詳しく解説します。

その前に!採用サイトを作るだけじゃ応募は増えない

もう一つ、応募を増やすために重要なことはIndeedやGoogleしごと検索など求人検索エンジンへの求人掲載です。

求人検索エンジンの対応ができていないと、採用サイトを作っても多くの人に見てもらえない可能性があります。IndeedやGoogleしごと検索などの求人検索エンジンに求人情報が掲載されて、はじめて採用サイトへのアクセスが集まり応募が増えるという仕組みのためです。

必ず、IndeedやGoogleしごと検索に対応した採用サイトを作りましょう。

IndeedやGoogleしごと検索の掲載については、以下の記事で解説しています。
【2020年最新版】Googleしごと検索(Google for Jobs)とは? | サービスの特徴やIndeedとの違いを解説 |

求人検索エンジン対応の採用サイトを作るカンタンな方法とは?

おすすめは『採用係長』です!

採用管理システムは、募集から採用までの業務を一元管理して採用活動を効率化できるシステムです。導入すれば、採用業務の時間やコストを大幅に削減できます。

便利な採用管理システムは数多くありますが、『採用係長』ならカンタンな質問事項を入力するだけで、IndeedやGoogleに対応した採用サイトを無料で作れます。

文章作成が苦手な方でも、PR文章の自動生成機能を使ってカンタンに採用サイトを作れるなどサポート機能も充実しています。 さらに、IndeedやGoogleしごと検索など最大7つの求人検索エンジンサイトに求人情報を掲載でき、集客から選考状況までを一元管理できます。

まとめ

今回は、飲食店の採用サイトを作成するときに考えたいポイントやカンタンに採用サイトを作る方法をご紹介しました。

採用係長』は、

  • IndeedやGoogleしごと検索に対応した採用サイトを無料で作りたい
  • より多くの求人検索エンジンに求人を掲載したい
  • 採用コストを軽減して採用業務を効率化したい

などの悩みや課題を抱える採用担当者におすすめです。

採用係長』に無料登録して、欲しい人材に出会い、選ばれるための採用サイトを作成してみてくださいね!

採用係長飲食特化

この記事を書いた人

K.Okamoto

K.Okamoto

ネットオン(採用係長)広報。採用係長のお知らせから採用に役立つ情報までお届けします。

PAGE TOP