人事・採用担当者向けWebマガジン「採用Webマ ラボ」

採用パンフレットを作る目的とは?構成内容やポイントを解説!

[公開日]2020.05.15
[更新日]2020.05.26
採用パンフレット

採用活動を行うにあたり、オンライン・オフライン問わず様々な採用ツールが存在します。
採用サイトなどインターネットを利用した採用ツールが一般的になりつつも、就職フェアや会社説明会では、従来からある「採用パンフレット」が配布されており有効な採用ツールの一つです。

中には来客用の会社概要を採用パンフレットとしてお渡しする企業もいるかと思います。
ですが、既存の会社概要に加えて求職者が「入社したい!」と思わせるような採用パンフレットを作成すれば、人材採用の質が上がるでしょう。

今回は、そんな採用パンフレットについて作る目的から作成時のポイントまでを解説します。

採用パンフレットとは?

採用パンフレットとは、企業選びに必要な情報や、働く魅力などを新卒採用と中途採用に関わらず求職者に伝えるための、採用ツールのひとつです。

リーフレットタイプ・冊子タイプなどのさまざまな種類があります。最近ではオンライン説明会など採用活動のオンライン化の影響を受け、PDF形式など、スマートフォン・パソコンで採用パンフレットを閲覧出来る企業も増えてきました。

採用パンフレットは、主に転職フェアや合同説明会などで配布し、求職者に入社を促すための資料として使用されます。採用パンフレットは企業の事を思い出させるきっかけの一つになるためです。

求職者が企業の事を知るために繰り返し見たり、内定者のフォローに活用されたり、採用プロセスの最初から後半まで関わってくる採用ツールと言えるでしょう。

採用パンフレットを作る目的とは?

主に以下の2つの目的のために採用パンフレットは作成されます。

  • 企業の魅力を求職者に伝える
  • 求職者の企業に対する疑問を解決

企業の魅力を求職者に伝える

「この会社に入社したい!」と思ってもらえるよう、採用パンフレットには、

  • 企業理念
  • 活躍している職場の先輩の声
  • 詳しい仕事内容
  • やりがいを感じる部分

などを記載することで、マッチ率の高い応募の増加が期待できます。

スマートフォンやPCで自社採用サイトなどを見る場合に比べて、見たい情報をどこでもさっと開くことが出来る点から、志望動機を固めたり面接前にパンフレットを見て企業情報を確認するなど、繰り返し目を通すものです。

求職者の企業に対する疑問を解決

求職者は求人への応募や入社前、たくさんの疑問や不安を抱いています。そのため求職者の企業に対する疑問を解決し、不安を取り除くことは極めて重要なことです。

例えば・・・

  • 「会社の雰囲気は?」
  • 「この会社はどういった業務をしているの?」
  • 「働いている人物像は?」
  • 「この会社に入ると、どんなスキルが身につくの?」

など具体的な疑問や不安をあげると限りがありません。

ですが、採用パンフレットにはそんな求職者に寄り添って欲しい情報を開示し、安心して応募・入社してもらえるようにする役割があります。

採用パンフレットの構成内容

採用パンフレットには、必ず記載しなければならない事項などの決まりごとはありませんが、一般的によくある内容として以下をご紹介します

企業理念

大切に掲げている考えや理念を記載して、求職者からの共感を得るようにしましょう。社長の思いや創業へのエピソードを記載し、企業理念とその企業が持つストーリーを伝えても良いです。

事業内容

事業内容は求職者が最も気になる部分です。詳しい事業内容を記載することにより、入社後の働くイメージがもちやすくなります。

新卒採用向けのパンフレットを作る時は、専門用語や業界用語は使用せず学生でも分かるような言葉で記載しましょう。実際の仕事風景を写真やイラスト化して掲載することで、さらに理解度を深められます。

福利厚生・待遇面

福利厚生も求職者が重視している部分です。
箇条書きで記載するのも悪くないですが、実際に従業員の方がどのように制度を利用しているのかを伝えるだけで、福利厚生や待遇の魅力がより分かりやすくなります。

活躍している職場の先輩の声

実際に働いている方にインタビューをし、何年間働いて今の仕事をまかせてもらえるようになったのか、どこにやりがいを感じるかなど、具体的なエピソードや会話形式のインタビュー記事を記載すると、入社後のビジョンが想像しやすくなります。

社外活動

求職者は入社後会社の雰囲気に溶け込めるか不安になる傾向があります。
懇親会やBBQなどの社外でのコミュニケーションの場を写真などで紹介し、「この会社で働いたら楽しそう!」というイメージをもてるようにしましょう。

求職者に対するメッセージ

堅い言葉ではなく、求職者に語りかけるようにすれば、内容や思いをスムーズに伝えられます。キャッチコピーを用いるなどなるべく親しみやすく簡潔な言葉で記載することをおすすめします

キャッチコピーの事例については、以下の記事で紹介しています。
採用におけるキャッチコピーとは?学生の目を引く人気企業のキャッチコピー25選!【2020年最新版】

採用パンフレットを作る際のポイント

採用パンフレットを作成される際、どのようなポイントに注意すればよいかを解説していきます。

デザインの美しさ

採用パンフレットの顔となる部分が表紙やページの見た目のデザインです。

デザインといっても、会社のイメージに沿ったデザインや読みやすさ重視のシンプルなデザイン、個性的なデザインなど、さまざまなアプローチがあります。
注意すべきポイントとして共通で言えるのは、誰が見てもきれいと感じるような「美しいデザイン」を目指すことです。

特にカラーやフォントは企業イメージを左右する重要な要素なので、強く意識すると良いでしょう。

ブランディング視点

求めている人材を明確にし、採用に関するブランディングを行うことは、母集団形成の段階から求職者とのマッチ率をあげることに繋がります。

ターゲットとなる人材が魅力的に感じるように、自社のビジョンや特徴、働きやすさや入社するメリットなどを発信し、まだ認知されていない求職者層にアピールできるパンフレットを作成しましょう。

採用ブランディングにについては、以下の記事で解説しています。
採用ブランディングとは?採用を成功させるための自社の「ブランド化」 

利用用途を考える

転職フェアや会社説明会、面談・面接といったシーンで、多くの求職者に自社を知ってもらう用途として、採用パンフレットを作成します。
求職者に自社のファンになってもらうように、用途に応じた内容やデザインにしていくことが重要となるでしょう。

説明会などで配られるパンフレットの場合、求職者は興味のある企業や応募を検討している企業のパンフレットを繰り返し読んで理解を深めようとします。コピー用紙などで簡単に作成出来る採用パンフレットよりも、繰り返し読んでも破損しないような紙で保存しやすいパンフレットを作成するのが良いです。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。
採用パンフレットに関して、少しでもイメージが湧きましたでしょうか。

求職者の方は、転職フェアや会社説明会でたくさんの採用パンフレットを受け取っています。その中で、どれだけ求職者が読みたいと思えるようなデザインにできるかもポイントです。

他社よりも目立つ採用パンフレットを作成して、採用活動が成功されるよう願っております!

採用活動をされる際に、応募者管理や応募者集客についてお困りごとがございましたら、『採用係長』がお力添えします。
月間訪問者数3,000万人以上(2020年1月時点)を誇るIndeedをはじめとした7つの検索エンジンへの求人掲載や応募者の一元管理、求人票ごとの担当者設定など、充実の機能で採用活動を力強く支援いたします。ぜひお電話やメールなどでご相談ください

この記事を書いた人

田中 和美

田中 和美

インサイドセールスに所属しており、お客様に寄り添いながら日々業務に取り組んでおります!サンセットが見えるお家に住むのが夢です

PAGE TOP