人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

エッセンシャルワーカーとは|人手不足の理由と採用方法について

202 views
[公開日]2021.03.05
[更新日]2021.03.18
エッセンシャルワーカー

皆さんは、ここ最近で徐々に耳にすることの多くなってきた「エッセンシャルワーカー」という言葉をご存知でしょうか?

今回は近年注目の集まりつつある「エッセンシャルワーカー」という言葉が指す職種の人々の一部を紹介するとともに、この記事を呼んでくださっている方で「エッセンシャルワーカー」の採用に難儀している事業者向けに、それぞれの採用のポイントをご紹介していきます。

エッセンシャルワーカーとは?

エッセンシャルワーカーとは、「欠くことのできない、必須の」という意味のある“エッセンシャル(essential)”と、「労働者」という意味のある”ワーカー(worker)”を組み合わせた造語で、「人々の日常生活における、必要不可欠な仕事を担う人」を指す言葉です。

2020年、世界は新型コロナウイルス感染症の影響により大きく変わりました。
外出の自粛やロックダウン、日本では3密を避ける呼びかけなどにより、リモートワークの導入をはじめとした非対面での業務が促進されてきています。

しかし、そんな中でも感染リスクと戦いながら、外で私たちの生活を支えてくれている人々がいます。それが、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる方々です。

エッセンシャルワーカーに該当する業種・職種一覧

医療福祉 業種

  • 医師
  • 看護師
  • 保育士
  • 薬剤師
  • 介護士

行政・保安 業種

  • 市や区の職員・ごみ収集業者
  • 警察官
  • 消防士
  • 警備員

小売 業種

  • スーパーマーケットの店員
  • コンビニエンスストアの店員
  • ドラッグストアの店員
  • ガソリンスタンドの店員

運輸・物流 業種

  • ドライバー
  • 倉庫スタッフ

エッセンシャルワーカーの人手不足と採用ヒント

看護師の人手不足

新型コロナウイルス感染症をとりまく最前線で戦いながら、医療従事者をはじめとした看護師。彼らは、私たちの命を守り、つなげるエッセンシャルワーカーです。

しかし、家庭との両立の難しさや身体的な負担から、資格保有者数が増加しているにも関わらず、人材の確保/定着においては厳しさを増しています。

【対策】
看護師の人手不足対策としてもっとも有効だと考えられるのは、離職の原因となっている「働く環境」の改善です。以下のような例を参考に、家庭との両立ができる勤務形態や、身体的な負担を軽減する働き方を実現することで、在籍中のスタッフの離職を防止することはもちろん、復帰を希望する看護師の就職を促すことも可能となるでしょう。

  • 働く時間の長さが選べる(短時間正職員/変形労働時間/ワークシェアリング)
  • 働く時間帯・曜日が選べる(時差出勤/フレックスタイム)
  • 交代制の働き方が選べる(同一の病棟内で2交代、3交代/夜勤の時間帯・回数の選択/日勤のみ・夜勤のみ勤務)
  • 業務にバリエーションがある(学校などで講義や技術演習を担当/専門看護師としての対外的な活動)
  • 常勤と非常勤、勤務形態が選べる(雇用形態や勤務形態の容易な変更)
  • 働く場所が選べる(勤務地限定職員)

(参考:看護師の深刻な人材不足の現状|看護の人材確保に向けたおすすめの対策とは?

保育士の人手不足

働く親たちに変わり、新型コロナウイルス感染症対策を徹底しながら、子供を預かり世話をする保育士は、エッセンシャルワーカーです。

しかし、これまでに保育士不足を解消するためのさまざまな取り組みが政府主導で行われてきましたが、保育需要の増加と反比例するかのように、依然として慢性的に人手不足に陥っている業種です。

【対策】
保育士の人手不足対策としてもっとも有効だと考えられるのは、離職の原因となっている「賃金に対する不満」や「待遇面」の改善です。以下のような例を参考に、資格をもちながらも他の仕事に就いている潜在保育士へのPRをおこなっていくことが、有効な手段となるでしょう。

  • 給与や休日日数(労働時間)の改善
  • 学生や潜在保育士に向けた採用PR(職場の様子を間近で見られる見学会/先輩保育士への質問会などのイベントの開催/働きやすい環境づくりへの取り組みに関するSNSでの発信)

(参考:保育士の人手不足の原因と要因とは?|保育士採用のための対策を解説

介護士の人手不足

少子高齢化に伴い、増加の一途を辿る高齢の方々を、新型コロナウイルス感染症対策を徹底しながら支える介護士は、エッセンシャルワーカーです。

しかし、介護業界の有効求人倍率は3.9倍と、全業種と比べて2倍以上も高く、人手不足が特に深刻です。

【対策】
介護士の人手不足対策としてもっとも有効だと考えられるのは、離職の原因となっている「賃金に対する不満」や「働き始めた後のミスマッチ」の改善です。以下のような例を参考に、ミスマッチの少ない状態で採用を進めていくことが、有効な手段となるでしょう。

  • 応募者には事前に業務内容を明確に伝える
  • 現場の要望を考慮して採用活動を行う
  • 入社前・入社後の不安を徹底して取り除く
  • 表彰式などでモチベーションを上げる(賃金面の改善が難しい場合は、頑張った職員をしっかりと承認する)

(参考:介護業界が抱える人手不足の課題を解決するための4つの採用ポイント

警備員の人手不足

新型コロナウイルス感染症の感染リスクの高い屋外で、人々の安全を守るために働いている警備員は、エッセンシャルワーカーです。

しかし、新しい施設の建設、ホームセキュリティの導入増加などにより警備員の必要性が高まる一方で、体力や将来性への不安から、就職先候補として外されてしまいがちな業種です。

【対策】
警備員の人手不足対策としてもっとも有効だと考えられるのは、「体力面や将来性への不安」の改善です。以下のような例を参考に、あらかじめターゲットを絞り込んで採用を進めていくことが、有効な手段となるでしょう。

  • 警備員のメリットの訴求(資格が必要ない/ノルマがない/定時であがりやすい など)
  • 「労働条件」の明確化(夜勤の有無、夜勤がある場合は週に何回ほどか、時間帯、シフトの融通、休暇日数 など)
  • 「待遇面」の明確化(手当を含む給与や昇給・賞与、キャリアアップについて、福利厚生施設の有無 など)
  • 「労働環境」の明確化(工事現場か、屋内勤務か、空調設備、社員の年齢層 など)
  • 「仕事内容」の明確化(交通誘導・施設警備員・輸送警備などの詳細 など)

(参考:なぜ警備員は人手不足になりやすいのか|採用を成功させるためのポイント

運送ドライバーの人手不足

外出自粛に伴い通販サイトの需要が高まりつつある昨今、注文した商品を日夜私たちのもとへ届けてくれる運送ドライバーは、エッセンシャルワーカーです。

しかし、配送荷物が増えていくのに対して反比例するかのように、宿泊・飲食サービス業界に次ぎ人手が足りていないと言われる業種です。

【対策】
運送ドライバーの人手不足対策としてもっとも有効だと考えられるのは、「低賃金・長時間労働イメージ」の改善です。以下のような例を参考に、採用の段階でマイナスイメージを払拭するようなアピールをしていくことが、有効な手段となるでしょう。

  • 女性ドライバーの採用(トラガール促進プロジェクト/産休・育休/負担軽減/職場の清潔感アピール など)
  • 職場や労働環境の改善(長時間労働/体力的な負担/職場の人間関係/休日の取りやすさ など)
  • イメージアップのためのPR(働きやすい制度や社風/社員の人間関係の良さ/特徴的な待遇 など)

(参考:運送業界の人手不足の現状と対策|なぜ人が足りなくなるのか?

小売業の人手不足

私たちが生きていくために必要な、食料品をはじめとした生活必需品を、感染リスクの高い現場で日々提供してくれている小売業従業員は、エッセンシャルワーカーです。

しかし、労働環境や待遇面での不満から、離職が多くなったり、復職の可能性が低くなってしまいがちな業種です。

【対策】
小売業従業員の人手不足対策としてもっとも有効だと考えられるのは、離職の原因となっている「労働環境」や「待遇面」の改善です。以下のような例を参考に、他にも採用人材のバリエーションの拡大や、業務の自動化なども有効な手段となるでしょう。

  • アルバイト・パート従業員の給与・待遇を改善する
  • 労働環境を整える(早出・遅出の2交代制の導入/月に取得する有給休暇の日数を定める/子育てや介護のある従業員への配慮 など)
  • シニア世代・外国人労働者の積極的な雇用
  • ITシステムの導入で効率アップ(無人レジやセルフレジの設置/タッチパネル注文 など)

(参考:運送業界の人手不足の現状と対策|なぜ人が足りなくなるのか?

まとめ

エッセンシャルワーカーとして、日夜私たちの生活を支えてくれている人々は、その仕事の重要度からも在宅勤務が難しく、常に新型コロナウイルス感染症の感染リスクと隣り合わせの現場で働いています。一方で、その仕事の大変さから人手不足に陥りがちでもあります。

全ての業種に言えることですが、今の時代での採用活動においては「ITシステムの導入で効率化・感染リスクを減らす」「シニア世代・外国人労働者の積極的な雇用」「採用手法の見直し」なども重要になってきます。

今回の記事を通して、エッセンシャルワーカーの皆さんの存在を知っていただくとともに、エッセンシャルワーカーの採用面でお困りの採用担当の方へ、少しでも採用のヒントになるような情報をお届けできていましたら幸いです。

また、採用アカデミーを運営する弊社ネットオンではエッセンシャルワーカーの採用に関わらず、今の時代の主流になりつつある「ネット求人」において、ネット上で求人票作成・更新・応募者対応までを一括管理できる採用ツール『採用係長』を紹介しております。

採用係長では、ボタン1つでIndeedをはじめとした最大6つの求人検索エンジンへ作成した求人を連携できます。求人の作成方法についてもガイドがついていますので、初めて求人を作成する方でも簡単にご利用いただけます。

その他にも、応募者へのメッセージテンプレートや、Web面接ツールなど、便利な機能も数多くありますので、まずは気軽にお試しください。

この記事を書いた人

Yusuke.H

Yusuke.H

カスタマーサクセスチーム所属。普段は顧客の採用成功のお手伝いをしていますが、シーズンによっては新卒採用を兼任しています。映画・ドラマ・ゲーム・アニメの音楽を聞くのが好きすぎるあまり、今では部屋に600枚のCDがあふれてます。何とかしなきゃ…。

PAGE TOP