人事・採用担当者向けWebマガジン「採用アカデミー」

福岡で採用活動を成功させる方法を大公開!知識もコストも「ゼロ」でOK!

[公開日]2020.01.16
[更新日]2020.09.16
福岡で採用

福岡は全国でも珍しく法人数が増え続けているエリア。全国で見ると事業所数は576万(平成24年)から562万(平成28年)と2.5%近く減少していますが、福岡は22万4800(平成24年)から22万5500(平成28年)と0.3%ではあるものの増加しています。

企業数が多いということは、仕事を探している方にとっては売り手市場ということ。ゆえに企業側は『お金を掛ければ採用できる』という状況ではなくなってきています。

大手企業や有名企業でも採用が難しい中で、中小企業や零細企業はどうやって人を採用していけばいいのでしょうか。

今回は、福岡で採用活動を成功させるために必要な知識や『0円』で上手に採用する方法をご紹介します。

福岡市以外は採用難易度が高い

人を採用するとなると、はじめに選択肢に挙がるのが求人サイトだと思います。

転職サイトやアルバイト情報サイトなどがその代表ですが、実はこうしたサイトを活用しやすいのは、福岡市内に限られていると言えるでしょう。

福岡市外では求人サイトへの掲載が難しい

求人サイトを運営している企業は、企業数や人口が多いエリアに絞って営業を行っています。

関東や関西などであればエリアはかなり広くなりますが、福岡の場合は福岡市内に企業や人口などが一極集中している傾向があります。

そのため、「福岡市以外の筑豊や筑後、京築などのエリアに営業しても利益にならない」というのが、求人サイト運営会社側の本音です。

大手求人サイトでも『応募ゼロ』はよくあること

それでも、有名なサイトに掲載すればなんとか…と思われる方もいるでしょう。

ですが、TVでCMが流れているアルバイト情報サイトに求人を出しても、まったく人が集まらなかった…という経験がある経営者の方や人事担当者も多いのではないでしょうか。

特に福岡市以外の筑豊や筑後、京築などの地域はユーザー数も少なく、求人を出しても『応募ゼロ』という結果に終わることも…。

お金を掛けて求人を出したからといって必ずしも採用ができるわけではありません。結果として、ハローワークや知人の紹介などに頼りっきりになってしまうことが多いですが、それにも限界があります。

でも、実はもっと有効で、かつコストを抑えられる採用方法があります。

福岡こそIndeedが効果的

その採用方法が、『Indeed』の活用です。

Indeedは無料で求人を掲載できるサービスですが、実は福岡で人を採用をする場合、他の都道府県に比べてこのIndeedがかなり効果的。

大手求人サイトでいくらお金を掛けても採用できなかったという会社が、Indeedで何人も採用できているというケースが数えきれないほどあります。

ではなぜ福岡ではIndeedが効果的なのか。その理由は大きく2つあります。

1求人あたりの求職者が他のエリアよりも多い

求人の数自体を比べると、法人数が多い東京や大阪、愛知などには劣ります。

しかし1求人あたりの求職者を見てみると、東京が0.84人、大阪が0.88人、愛知が0.73人に対して、福岡は1人。つまり福岡は他のエリアよりも求人数に対してユーザー数が多いため、応募が集まりやすいということです。

福岡市外は大手求人サイトが参入しにくい

人口や経済、商業などが市内に集中している福岡県において、大手求人サイトは福岡市外に積極的な営業を掛けづらいという背景があります。

結果として、インターネットで仕事を探しても福岡市外の求人にはなかなか出会えない、という状況でした。

しかし、福岡市外にも仕事を探す人たちはたくさんおり、それはIndeed上での福岡の『1求人あたりの求職者数』にも表れています。

大手求人サイトが積極的に参入してこないからこそインターネット上の求人数自体が少なく、Indeedでの募集がより注目され、効果的に働くのです。

『0円』で求人を掲載できる

企業にとってIndeedを活用する一番のメリットは、“無料”というところでしょう。つまり、ハローワークや知人の紹介などと、まったくコストは変わりません。

「数万円も払って求人サイトに掲載して、応募が来なかったら…」とリスクを感じてしまう方でも、無料で採用活動ができるとなれば利用しやすいはずです。

そして先にも述べたように、安かろう悪かろうではなく、福岡県は他の都市圏と比べてもIndeed上での1求人あたりの求職者数が多く、応募が集まりやすいことが分かっています。そんなサイトに『0円』で掲載できるとなれば、まずは使ってみない手はないでしょう。

実際にIndeedを活用して採用できた会社の事例

ここで、少しだけ事例をご紹介します。今回紹介するのは、いずれもハローワークや社員の紹介などお金を掛けずに採用活動をしてきて、なかなかうまくいかなかった企業ばかり。

そんな企業が、Indeedを活用してどのくらいの人数が採用できたかをご紹介します。

場所 業種 採用職種 雇用形態 採用人数
行橋市 飲食 調理スタッフ アルバイト 2名
豊前市 食品メーカー 製造(責任者候補) 正社員 2名
豊前市 食品メーカー 製造スタッフ アルバイト 4名
みやま市 飲食 カフェスタッフ アルバイト 1名

ここで紹介したのはほんのわずかですが、普通であれば採用が難しいようなエリアの小さな企業が、Indeedを活用して採用に成功できている実際の事例です。

リスクも限りなくゼロに近いので、まずはぜひチャレンジしてみてください。

知識がなくても『採用係長』がサポート

「リスクもないし、とりあえず掲載してみよう!」とせっかく思っても、そもそも「どうやって自分で求人を作ればいいか分からない…」「インターネットでの採用のことなんて全く分からない…」という方も多いはずです。

そこで活用したいのが、『採用係長』というサービスです。

自社の採用ページがわずか“2分”で無料作成でき、そのページをIndeedだけでなく『Googleしごと検索』や『Yahoo!しごと検索』などのサイトにワンクリックで掲載することができます。デザインテンプレートも豊富なので、知識がなくても採用ページを作れる便利なサービスです。

ちなみにIndeedはデザインが選べないので、文字のみの簡素なデザインになってしまいがちですが、『採用係長』であればIndeedに直接求人を掲載するのとほぼ変わらない手間と時間でキレイな採用ページが作れてしまいます。

また、求人作成やインターネットでの採用に関する知識に不安がある方は、コールセンタースタッフによるサポートも無料で受けることができます。

無料でもこれだけのサービスが活用できますので、採用活動を少しでも改善したいという経営者の方、そして人事担当の方はぜひ利用してみてください。

この記事を書いた人

採用アカデミー編集部

採用アカデミー編集部

採用に関するお悩みならお任せ!採用業界に精通しており、Indeedや求人ボックスなどの求人検索エンジンから、リスティング・ディスプレイ広告などまで幅広い知識を持った、採用Webマーケティングのコンサルタントなどが記事を執筆していますm(_ _)m

PAGE TOP